オンコールペイの人事方針

連邦法は、雇用主が勤務中に従業員に報酬を支払い、週に40時間以上働く非免除の従業員に残業代を支払うことを義務付けています。法律は、雇用主が電話中の従業員に補償することを義務付けていませんが、自分の目的のために時間を自由に使用できます。ただし、従業員の待機を要求するほとんどの組織には、待機中の従業員に特別な報酬を提供するポリシーがあり、従業員をこれらのポジションに採用して市場での競争力を維持できます。

オンコール対。勤務中

オンコールの従業員が雇用主の場所に現場に留まる必要がある場合、または自分の目的のために時間を自由に使用できないほど場所に近づかなければならない場合、その従業員は「勤務中」ではなく「勤務中」と見なされます。コール。" 彼女は、本を読んだり、クロスワードパズルをしたり、他の従業員とチャットしたりしていて、積極的に仕事に従事していなくても、時間の支払いを受ける必要があります。オンコールペイのHRポリシーでは、そのような従業員をオンコールとして分類することはできません。

最低賃金と残業法

雇用主は、公正労働基準法の最低賃金および残業法を遵守する必要があります。従業員が携帯電話またはポケットベルを携帯して通話する必要があるが、従業員が自分の目的のために通話時間を使用できる場合、雇用主は、呼び出された場合にのみ、勤務時間に対して従業員に支払う義務があります。作業。企業は少なくとも最低賃金を支払わなければならず、週に40時間以上働いた時間ごとに非免除の従業員の賃金の1.5倍を支払わなければなりません。

サンプルポリシー

ほとんどの企業には、待機中の従業員に報酬を与えるポリシーがあります。そのような方針がなければ、従業員をオンコールで必要とする仕事に採用することは困難であり、オンコール方針で他の雇用主と競争することはより困難になるでしょう。人的資源管理協会は、オンコール給与のサンプルポリシーを提供しています。このサンプルポリシーでは、従業員は、勤務のために呼び出されたとき、および自宅への往復の移動時間に対して、通常の賃金で少なくとも2時間支払われます。通話中の賃金はありませんが、勤務中ではありません。

雇用主の柔軟性

法律はオンコールの支払いを規制していないため、雇用主は独自のポリシーを柔軟に作成できます。ジョージタウン大学などの一部の雇用主は、従業員の時給よりも大幅に低い料金で、通話時間に対して従業員に支払います。ノースカロライナ大学は、8時間のオンコール時間ごとに1時間の有給休暇を与えています。従業員が有給休暇の最大額を超えた場合、または別の職位に異動した場合、有給休暇が取得されたときに獲得していた時給でその時間の支払いが行われます。