無線ルーターを外部アンテナに接続する方法

ほとんどのルーターの出力は変更できないため、外部アンテナを長くするとオブジェクトをうまく回避できる場合でも、出力が拡大されることはありません。ただし、アンテナタイプを変更すると、結果が大幅に改善される場合があります。ほとんどのワイヤレスルーターは、全方向性アンテナを使用してワイヤレス信号を全方向にブロードキャストします。ルーターが外壁の近くにある場合、壁を介してブロードキャストされる信号は無駄になり、ネットワークが潜在的なハッカーにさらされます。指向性アンテナを接続することにより、この無駄な信号を排除し、限られた電力を最も必要な方向に集中させ、その方向の信号強度を効果的に高めます。

1

アンテナがルーターから離れるまで、既存のアンテナのベースを反時計回りに緩めます。

2

接続リングがそれ以上回転しなくなるまで、時計回りに回転させて、新しい外部アンテナを同じ接続スタッドにねじ込みます。

3

信号がワイヤレスデバイスの方向に放射されるように、ルーターまたはアンテナの向きを調整します。アンテナを見てもこの方向がわからない場合は、取扱説明書を参照してください。別の全方向性アンテナを接続する場合は、方向を気にする必要はありませんが、金属製のファイリングキャビネットやレンガの壁などの大きな障害物からルーターを離して配置してください。このような障害物は、信号の強度を劇的に弱めます。