遅刻に関する労働法

それは時々最高の従業員に起こります-予測できないまたは避けられない何かが起こり、彼らはあなたの職場に5分または10分遅れて現れます-おそらく予定より1時間遅れます。ブルームーンに一度、それは理解できます。しかし、それが慢性的な問題である場合、あなたはあなたの法的手段が何であるか疑問に思うようになるかもしれません。

遅刻に影響を与える雇用条件

モンタナを除くすべての州は、随意雇用の管轄区域です。法律のこの規定により、差別的またはその他の違法ではない理由で従業員を解雇することができます。習慣的な遅刻は資格があります。ただし、これは、解雇した場合に法律違反で訴えると脅迫している不満を持った元労働者に対処できないことを意味するものではなく、規則のいくつかの例外も適用されます。たとえば、団体交渉協定を結んでいる場合、解約はその協定の条件によって異なります。従業員と契約を結んでいる場合、契約が遅刻の問題について沈黙していないと仮定すると、契約の条件が優先される可能性があります。両方がない場合、従業員を手放さなければならなくなる可能性があると思われる場合は、彼の違反を記録しておくことで、問題から身を守ることができます。

遅い時間のクロッキングのドッキング支払い

公正労働基準法は、免除されている従業員と免除されていない従業員を区別しています。これは、従業員の賃金のドッキングを検討している場合に重要です。免除される従業員のリストは膨大であるため、これを検討している場合は、雇用弁護士に確認する必要があります。免除される従業員には、コミッションベースで働く営業担当者、季節労働者、専門家、幹部が含まれます。あなたの遅刻した従業員が免除されていないと仮定すると、法律は、彼が遅れたときにあなたが彼の賃金を自由にドッキングできると言っています–合理的な範囲内で。通常、彼が時間どおりに現れた場合に獲得したよりも多くドッキングすることはできませんが、彼の不在時間を30分単位で四捨五入することはできます。たとえば、彼が予定されていた9:00ではなく9:20に到着した場合、30分間ドッキングできます。

遅刻のさまざまな理由

州には、遅刻に関する労働法を含む独自の雇用法があります。したがって、労働者が慢性的に遅刻しているために解雇することを考えている場合は、彼が遅刻している理由を確認し、行動を起こす権利が​​あるかどうかを確認してください。たとえば、ニューヨークでは、従業員が緊急事態に対応していたために仕事で時間を逃したボランティアの消防士またはEMTである場合、遅刻した従業員を解雇することはできません。

考慮すべきその他の例外

差別に関する連邦法は別のトリッキーな問題であり、それらのいくつかがあります。たとえば、1964年の公民権法のタイトルVIIは、雇用主が人種、性別、宗教、出身国に基づいて労働者を差別することを禁じています。正当な理由で労働者に対して行動を起こしたが、その労働者がこれらの保護されたクラスのメンバーである場合、その人種、性別、宗教、出身国に何もなかったとしても、法的な問題に直面する可能性があります。あなたが彼を懲らしめた理由と関係があります。あなたにはそれがなかったことを立証する責任がありますが、彼の習慣的な遅刻の良い記録を保持することはあなたを保護するのに大いに役立ちます。同様に、アメリカ障害者法は慢性疾患を持つ一部の労働者を保護しているため、従業員の問題がないことを確認してください。あなたが行動を起こす前に医学的原因があります。

職場の遅刻ポリシーを作成することを検討し、各従業員がコピーに署名するようにしてください。このようにして、問題が発生した場合は、書面によるポリシーのルールと期待を使用して、支払いのドッキングや慢性的な遅刻による従業員の解雇などのペナルティを適用できます。