収益差異の重要性

会計期間の収益差異は、予算収益と実際の収益の差です。有利な収益差異は、実際の収益が予算収益を超える場合に発生しますが、不利な差異の場合は逆になります。収益の差異は、予算と実際の販売価格、数量、またはその2つの組み合わせの違いから生じます。

価格

実際の販売価格が予算販売価格よりも高いまたは低い場合、それぞれ有利または不利な収益差異が発生します。たとえば、中小企業が1,000ユニットをそれぞれ20ドルで販売すると見積もっているが、それらをそれぞれ22ドルで販売する場合、ユニットあたり2ドルの有利な収益変動と、2,000ドルから2ドルに1,000を掛けた合計収益変動があります。中小企業は、十分に強い需要がある場合、または誰もがより高い投入コストをカバーするために価格を上げている場合、価格を上げることができるかもしれません。ただし、積極的な価格割引は、不利な収益変動につながる可能性があります。不利な変動に対抗するための戦略には、広告予算の増加と顧客サービスの改善が含まれます。

ボリューム

実際の販売量が予算販売量よりも多い場合または少ない場合にも、それぞれ有利または不利な収益差異が発生します。たとえば、予算ボリュームがそれぞれ10ドルで1,000ユニットであるが、実際のボリュームが1,100ユニットである場合、1,000ドルから10ドルに100を掛けた有利な収益差異があります。経営陣は収益性に影響するため、需要を正しく予測する必要があります。十分な在庫のある製品がない企業は、収益を失い、競合他社に顧客を失うリスクを負う可能性があります。一方、顧客の需要を過大評価すると、在庫コストが高くなり、営業損失が発生する可能性があります。

利益

企業の収益の変動は、その利益とキャッシュフローに影響を与える可能性があります。ただし、利益は、原材料費、給与、マーケティング費用などの他の要因にも依存します。有利な収益の変動がより高い費用と一致する場合、それは損失を示している可能性があります。逆に、不利な収益の差異が経費の減少と一致する場合、それは利益を示している可能性があります。たとえば、中小企業がマーケティング費用にさらに1,000ドルを費やし、追加の収益が800ドルしかない場合、税引前利益は200ドルから1,000ドルマイナス800ドル減少します。

予算

収益、コスト、およびその他の差異は、予算準備プロセスに影響します。たとえば、今年の収益の変動が積極的な値下げによるものであり、中小企業がこの傾向が続くと予想する場合、経営陣は製品構成を調整するか、利益目標を達成するために投入コストを削減する方法を探すことができます。品質の低さが収益の不利な変動の主な理由である場合、経営陣は製品の品​​質を向上させるために設計および製造プロセスを変更する必要があります。