元利返済率の計算方法

元利金返済率は、企業が債務を返済する能力を示しています。元利金返済率は、会社のキャッシュフローと会社がまだ返済しなければならない負債の合計額を比較します。債務返済比率が1未満の場合、会社は現在すべての債務を返済できないことを意味します。ゼロに近い元利金返済率は、会社の財政状態が非常に悪いことを警告している可能性があります。債務返済比率が1を超える場合は、会社がすべての債務を返済できることを示しています。

1

事業からのキャッシュフロー、支払われた配当金、および会社が負っている負債の合計を決定します。営業活動によるキャッシュフローは、事業活動によるキャッシュフローの合計です。この金額は、会社のキャッシュフロー計算書の営業セクションに記載されます。配当金は会社の損益計算書に記載されます。負債総額は、負債の下で会社の貸借対照表に記載されます。たとえば、ある会社の営業活動によるキャッシュフローは$ 400,000で、今年は$ 50,000の配当金を支払いました。負債総額は$ 500,000です。

2

営業活動によるキャッシュフローから配当金を差し引きます。この例では、$ 400,000から$ 50,000を引いたものが$ 350,000になります。

3

手順2で計算した数値を負債総額で割ります。この例では、$ 350,000を$ 500,000で割ると、0.7または70%の元利返済率になります。