戦略的計画におけるSWOT分析の利点

会社のSWOT分析は、会社の現在および将来の状況を総合的に把握できるため、戦略的計画プロセスの不可欠な部分です。長所(S)と短所(W)のセクションでは、会社の現在の位置を確認できます。機会(O)と脅威(T)のセクションは、会社が今後の可能性と課題を予測するのに役立ちます。これらの4つのセクションにはそれぞれ、分析全体に固有の利点があります。

強みを生かす

Quick MBAによると、強みのセクションでは、企業が市場での競争上の優位性を検討することができます。これらの利点は通常、会社の運営と戦略的計画の焦点です。また、多くの場合、会社のマーケティング方法と一致します。たとえば、製造と生産の品質に強みを持つ企業は、高品質のブランドとして宣伝することがよくあります。非常に効率的な流通システムと、強みとしてサプライヤーとの良好な交渉力を持っている企業は、多くの場合、それらを活用してバイヤーに低コストを提供できます。

弱点を認める

企業が弱点を評価することに利点があると考えるのは直感に反するように思えるかもしれませんが、それらを理解することで対処が容易になります。一般に、企業には弱点に対処するための2つのアプローチがあります。それらの弱点が会社が目的を達成するための戦略を実行することを制限する場合、彼らはそれらを改善しようとすることができます。または、彼らの弱点は単に全体的なビジネスアプローチの一部であり、企業のリーダーはブランドのマーケティングにおいてそれらの弱点を軽視しようとしていることに気づきます。

機会を見る

機会セクションは、会社が改善および成長する方法を特定するのに役立つため、会社の戦略の開発に不可欠です。市場機会を絶えず見直すことは、企業が新興市場や、企業が匹敵する強みを持つ市場の変化を利用するのに役立ちます。これらは、機会を定期的に評価できず、新しいビジネス、市場シェア、資本へのアクセスを獲得する能力を逃している企業に比べて大きな利点です。

脅威の認識

繰り返しになりますが、ビジネスへの脅威を分析することはSWOT分析の楽しい部分ではありませんが、企業が外部の脅威から可能な限り隔離するのに役立ちます。環境、規制、テクノロジー、トレンドは、ビジネスの実行可能性と継続的な成功を脅かす可能性のある要因の1つです。これらのリスクと課題を評価することにより、企業のリーダーはそれらをより適切に準備したり、戦略的な観点からどのように対応するかを決定したりできます。

製品例のSWOT分析を提供しているMindToolsによると、SWOT分析を紙に書くことで、一歩下がって、ビジネスをより効果的に運営する方法を確認できます。 SWOT分析のメリットを享受できるように、戦略的計画に管理チームを採用します。あなたはあなたのビジネスの日常業務の詳細であなたが行き詰まっているのを見ることができなかったであろうことを認識するかもしれません。