雇用主は従業員に通知せずにタイムシートを変更できますか?

信じられないかもしれませんが、雇用主が従業員の知らないうちにタイムカードを変更することは実際には完全に合法です。ただし、タイムカードが何らかの理由で不当に調整されていると思われる場合は、上司に相談し、公正労働基準法(FLSA)および労働省の法律を調べて違反がないかどうかを確認してください。

公正労働基準法

FLSAは、労働者の権利に関する特定の法律を管理するために設立されました。FLSAによって概説されている法律は、児童労働、残業、最低賃金、および従業員の記録を対象としています。FLSAは、従業員に少なくとも最低賃金が支払われることを保証し、彼らの賃金が最低賃金額を下回ることは許可されていません。雇用主はまた、従業員に負っている残業を減らすことも許可されておらず、FLSAには、誰かが働くことができる最大時間を決定する法律はありません。

賃金および時間課

米国労働省は、連邦労働法を管理する部門で構成されています。賃金および時間課は、いくつかの職場の問題を担当しています。そのうちの1つは、実行された仕事とその仕事で得られた賃金の適切な文書化です。賃金および時間課は、労働時間、従業員の分類と支払い、およびタイムカードなどの文書に関する法律を施行します。

従業員の記録管理

法律により、雇用主は各従業員の労働時間を文書化する必要があります。ただし、必要な特定の事務処理に関する法律はありません。タイムカードは時間を追跡するための優れた方法ですが、雇用主は、名前、労働時間、賃金率、従業員の週労働開始日時、賃金期間などの適切な時間と賃金情報を保持している限り、任意のフォームを使用できます。給与期間中の総収入。

時間記録の長さは保持されます

過去に発生したタイムカードの変更に異議を唱えたい場合は、幸運です。賃金および時間課では、雇用主は給与記録を3年間保持する必要があります。タイムカードは2年間保管する必要があります。雇用主がその時間枠内にあなたのタイムカードに不公正または違法な変更を加えたと思われる場合でも、それを証明するために必要な記録が残っているはずです。そうでない場合は、連邦法に違反しています。

変更する許容できる理由と許容できない理由の例

雇用主があなたのタイムカードを変更しなければならないかもしれないいくつかの容認できる理由は、あなたがパンチインまたはパンチアウトを忘れた場合、あなたが有給休暇を取った場合、またはあなたが誤って時間をダブルパンチした場合です。タイムカードを変更するいくつかの容認できない理由は、あなたを罰するためにタイムカードの時間を減らすこと、残業時間を消去すること、またはあなたが取っていない休憩や昼食のためにあなたを締め出すことです。