職場に影響を与える多様性の問題

多様性とは、年齢、性別、人種、宗教、文化、経済的育成など、人々の違いを指します。21世紀には、多くの企業が従業員の多様性の向上に努めています。多様な企業は、新しい市場をより簡単に見つけることができます。さまざまな人種や民族の望ましい労働者をより簡単に採用できます。フロリダ大学によると、競争の激しい環境でも柔軟性を維持できます。しかし、多様性は職場に潜在的な問題も引き起こします。賢明な雇用主は、多様な職場を支援したい場合、それを理解する必要があります。

誤解

多様な職場とは、多くの場合、従業員がわずかに異なる方法でコミュニケーションすることを意味します。その結果、お互いの文化的慣習に慣れていない従業員の間で混乱や不注意な侮辱が生じる可能性があります。誤解は職場の生産性に影響を及ぼし、対処しないと敵対的または有毒な環境を作り出す可能性があります。カリフォルニア大学サンフランシスコ校によると、管理者は、そのような慣習を可能な限り理解し、認識された誤解を解消できるときに明確で開放的な雰囲気を促進することにより、誤解の問題を回避できます。

ステレオタイプ

人々が他のことを望むかもしれない限り、異なる人々についての固定観念と先入観は社会に現れ続けています。これは、仮定や完全な偏見の形で多様な職場に波及する可能性があり、それに応じて職場に新たな緊張を生み出す可能性があります。場合によっては、ステレオタイプ化は、アジアの従業員が数学に長けていると仮定するなど、実際には肯定的な品質を伴う場合がありますが、それでも不利益をもたらす可能性があります。

変化への抵抗

多様な職場を反映していない企業では、多様化への第一歩はある程度の抵抗に直面する可能性があります。これは、新入社員が特定の想定される資質で判断されていないという点でステレオタイプとは異なりますが、単に彼が大多数の労働力とは異なるためです。フロリダ大学によると、そのような抵抗は、生産性の低下、新入社員とその同僚との衝突、さらには職場での敵意の認識に対する新入社員による法的措置につながる可能性があります。

費用

場合によっては、多様な環境を促進することは、職場の多様性を高める前に雇用主が知っておく必要がある追加の運用コストを伴う可能性があります。これは、車椅子の人のために作られたスロープや、目の見えない従業員のために点字で印刷された資料など、さまざまな身体的ニーズを持つ従業員によく当てはまります。すべての従業員のニーズを事前に予測できるわけではなく、企業は多様な職場に対応するために継続的な調整を行う必要がある場合があります。