材料効率の直接的な差異が好ましくない理由

ビジネスでは、経営陣は特定の仕事に使用する材料の量の基準を設定します。特に製造生産ラインでは、単価が最終製品のコストに大きな影響を及ぼし、全体の利益に影響を与えます。予算化された材料の量と、サービスの提供または製品の製造に使用された実際の量との差異を知ることは、その差異が最終コストに与える影響を示しています。直接的な材料効率の変動が不利に終わるかどうかは、いくつかの要因によって決まります。

識別

直接材料効率の差異は、直接材料量の差異または直接材料使用量の差異とも呼ばれ、ジョブに割り当てられた数量と比較した、プロセスで使用される材料の量の違いを明らかにします。結果は金額として表示され、経営陣は必要に応じて生産または購入を調整して、ビジネスが満たそうとしている基準に準拠することができます。直接的な材料効率の差異を計算するための式は、(実際の使用量×標準価格)-(標準許容量×標準価格)です。

事前基準

必要以上に多くの材料が使用されたり、仕事の予算が組まれたりすると、効率のばらつきが不利になります。逆に、使用する材料が計画より少ない場合、直接的な材料効率のばらつきが生じます。材料の会計処理における誤算は、一時的または一時的に不利な直接的な材料効率の変動をもたらす可能性があります。ただし、材料の当初の予算基準が誤って計算された状況では、基準が満たされたときの以前の材料使用量に基づいて、それに応じて数値を調整することで問題を簡単に解決できる場合があります。

劣った材料

コストを節約するために劣った材料で製造プロセスを開始すると、直接的な材料の差異に影響を与える可能性があります。低品質の材料では、特定の材料をより多く使用する必要があり、その結果、材料の直接的な効率のばらつきが好ましくない場合があります。

労働者と設備

生産ラインまたはサービス産業における労働者、労働者の過失、または不十分な訓練を受けた労働者によって引き起こされた材料の盗難、腐敗および材料の損傷は、好ましくない直接的な材料効率の変動の理由です。さらに、直接労働の監督の欠如と生産手順の変更は、不利な差異をもたらす可能性があります。機器の故障、生産ラインの故障、または重要な機械の動作の不具合により、材料が腐敗したり破壊されたりすることも、差異に悪影響を与える可能性があります。