職場における道徳的責任の例は何ですか?

事業主または経営者には、税金の支払いなどの法的責任や道徳的責任など、複数の責任があります。道徳的責任は個人である可能性があります。つまり、会社の各人が正しいことを行う責任があること、またはすべての人員が関与する共同責任です。多くの場合、企業文化は組織における道徳的責任の重要性を示しています。あなたは、所有者または管理者として、あなたの行動によって、また会社がさまざまな問題についてどこに立っているかを明確にすることによって、道徳的な期待のトーンを設定します。

安全で健康的な職場

労働安全衛生局によると、安全で健康的な職場を提供することは雇用主の道徳的および法的責任です。雇用主は、従業員が不必要な危険のない環境を確保するための措置を講じる必要があります。この例には、必要なすべての安全ガードを備えた工具と機器の提供、およびこれらのアイテムの正しい使用法に関する労働者のトレーニングが含まれます。雇用主はまた、病気や怪我を引き起こす可能性のある物質への暴露を防ぐ必要があります。

危険が環境の一部である場合、または清掃用品、実験用化学薬品、塗料や塗料除去剤、または皮膚に有害な成分を含むその他の材料などの作業の一部である場合、または吸入された場合、雇用主は適切な措置を講じる必要があります事故や怪我を防ぐために。

従業員の迅速な支払い

会社は、従業員が時間通りに支払われるように、財務および給与システムを管理する必要があります。賃金の支払いを短期間でも遅らせることは、個人的な予算が厳しい労働者にとって極度の困難を引き起こす可能性があります。また、労働者にストレスや恨みを引き起こす可能性があります。雇用主が給料に誤りを犯した場合、それはできるだけ早くその間違いを訂正しなければなりません。

この議論には、会社を非倫理的に思わせる可能性のある灰色の領域があります。たとえば、多くの企業が給与に自動預金を使用しているため、預金の日は毎月同じになると予想されます。しかし、給与を支払うためにベンダーの支払いに大きく依存している一部の企業は、1日か2日後に支払う場合があります。これは、労働者が自分の請求書の支払いをスケジュールするために、いつ支払われるかを知ることに頼ることができないことを意味します。

同僚の扱い

職場での多くの道徳的責任は雇用主にありますが、労働者も負担の一部を分担しています。従業員は、同僚を尊重し、尊厳を持って扱う必要があります。公然たる侮辱は避けなければならず、性別、人種、宗教に基づく差別は許されません。従業員には同僚と仲良くするという道徳的義務はありませんが、礼儀正しい待遇は期待される最低限の基準でなければなりません。

従業員がお互いを尊重していないという問題に気づき、それが2人の間の偶発的な問題だけではない場合は、管理者が送信しているメッセージを確認する必要があります。従業員に命令を吠え、他の人の前で公然と大声で彼らを怒らせる飼い葉桶は、他の人が従うかもしれない模範を示しています。彼は従業員に敬意を持って接しなければ、お互いを尊重するように言うことはできません。非倫理的な管理行動を最初に修正すると、残りのスタッフを簡単に変更できるようになります。

顧客の公正な扱い

顧客の公正な扱いは、企業の道徳的責任の一部です。企業は、欺瞞的な広告や不明確な販売条件を避ける必要があります。また、お客様の時間を意識し、約束された期間内に商品やサービスを提供する必要があります。これが不可能な場合、企業は顧客に遅延を通知する必要があります。商品やサービスは公正な価格で販売する必要があります。

会社は良好な顧客関係のトーンを設定しますが、従業員は彼らの道徳的責任としても良好な顧客サービスを受け入れる必要があります。顧客は会社と協力し続け、会社の収益性が高まるため、倫理は顧客をうまく扱うよりも深くなります。倫理的であることは、それが正しいことであるため、顧客を適切に扱うことを意味します。