XPを自動的にバックアップする方法

仮想ファイリングキャビネットのように、Windows XPオペレーティングシステムを実行しているコンピュータには、作業文書、プログラム、かけがえのない写真など、すべての重要なデータが保存されています。コンピュータのハードドライブに突然障害が発生した場合、以前に別の場所にバックアップしていない限り、ドキュメントが失われる可能性があります。Windows XPバックアップウィザードを使用すると、ファイルを定期的にバックアップするようにコンピュータをスケジュールできます。バックアッププロセスを自動化することで、ハードドライブに障害が発生した場合にドキュメントが失われることを心配する必要がなくなります。

1

管理者としてWindowsXPにログインします。

2

外付けハードドライブをコンピュータのUSBポートに接続します。外付けハードドライブのサイズは、バックアップする必要のあるファイルの数によって異なります。

3

Windowsの「スタート」ボタンをクリックします。「すべてのプログラム」をクリックし、「アクセサリ」を選択して、「システムツール」を選択します。「バックアップ」をクリックして、バックアップウィザードを開きます。

4

「次へ」をクリックし、「ファイルと設定のバックアップ」を選択します。もう一度「次へ」をクリックします。

5

バックアップするデータを選択します。たとえば、「マイドキュメントと設定」は、マイドキュメントフォルダとお気に入りフォルダのすべてのデータとCookieをバックアップします。「このコンピューターのすべての情報」を選択して、コンピューター上のすべてのユーザーのすべてのデータを保存します。「次へ」をクリックします。

6

ドロップダウンメニューをクリックして、バックアップ先として外付けハードドライブを選択します。バックアップファイルの名前を入力します。「次へ」をクリックします。

7

「詳細」をクリックし、「次へ」を選択します。「後で」を選択し、「スケジュールの設定」をクリックします。

8

WindowsXPがデータをバックアップする日時を入力します。たとえば、毎週月曜日の午前3時にバックアップを実行できます。

9

「次へ」をクリックし、「完了」を選択します。Windows XPは、指定された時間にデータをバックアップします。