Ubuntuにドライバーをインストールする方法

ソフトウェアとオペレーティングシステムのコストが上昇しているため、多くの企業が自社のコンピューターを実行するために、Linuxのオープンソースで無料のバージョンであるUbuntuに目を向けています。Ubuntuには使いやすいグラフィカルインターフェイスが付属しており、ユーザーは他の方法では混乱したり、実行するのが難しい多くのシステム管理タスクを実行できます。たとえば、ユーザーは、管理メニューから新しいハードウェアウィザードを実行することにより、プリンターや拡張カードなどのハードウェア用の新しいドライバーをインストールできます。Ubuntuシステムがこの方法でドライバーをインストールしない場合でも、従来のターミナルインターフェイスを介してドライバーをインストールできます。

1

Ubuntuシステムにログインします。

2

画面の右上隅にある歯車に似た「設定」アイコンをクリックします。

3

「システム設定」を選択します。

4

[ハードウェア]セクションの[追加のドライバー]をクリックします。Ubuntuはインストールされているドライバーをチェックし、システムに独自のハードウェアドライバーをインストールする必要があるかどうかを判断しようとします。検出された場合は、「はい」をクリックして続行すると、Ubuntuがドライバーをインストールします。

5

Ubuntuがドライバーを自動的にインストールできなかった場合は、ターミナルセッションを開きます。これがどの程度正確に行われるかは、実行しているUbuntuのバージョンによって異なります。Ubuntuの最新バージョン(この記事の執筆時点では12.02)では、画面の左側にある[ホーム]アイコンをクリックして、[ターミナル]を選択します。

6

アーカイブファイルをクリックして、システムに付属の追加のドライバーを解凍します。「readme.txt」ファイルを開き、含まれている追加のドライバーを探します。

7

スーパーユーザーとして「modprobe」コマンドを実行して、新しいドライバーモジュールをカーネルに挿入します。

「sudomodprobenew-driver」