PowerPointでコンテンツの目的を書く方法

クライアントとの営業会議であれ、従業員との客観的な会議であれ、会社のビジネスの一環として、必然的に何らかの視覚的なプレゼンテーションを行う必要があります。PowerPointプレゼンテーションを使用すると、視聴者が会話の中で何に焦点を当てるべきかがわかるように、視聴者のポイントを視覚的に整理する方法が得られます。また、このコンテンツを提示する目的を明確にすることができます。プレゼンテーションの冒頭で目的を明確に述べることにより、聴衆にあなたの目標が何であるか、プレゼンテーションから何を期待するか、そしてあなたが提示するコンテンツをどのように解釈するかを理解する機会を与えます。

1

事前に目標を設定してください。大きなトピックを小さな論理的な部分に分割します。可能であれば、それらを再度分解します。あなたのより大きな目標を最もよく表すディスカッションポイントの組み合わせを見つけて、リスナーがそれらに従うことができるようにそれらを整理するようにしてください。プレゼンテーションのポイントは、聴衆にあなたのアイデアを納得させることです。そのための最善の方法は、説得力のあるアイデアの編成を通じて、聴衆を結論に導くことです。

2

あなたのアイデアを聴衆に納得させるための最良の戦術を検討してください。2つの項目を比較する場合は、2つの主要なセクションがあり、それぞれの選択肢の長所と短所を強調する小さなポイントが含まれるようにディスカッションをレイアウトします。問題の解決策を提案する場合は、最初にその問題を明確にし、解決策の各ステップを実行します。

3

箇条書きの形式ですべてのアイデアに触れる冒頭のスライドを作成します。プレゼンテーションで言うことを正確にレイアウトすることは許容され、実際には非常に有益です。これにより、リスナーは彼らが何を求めているのかを知ることができ、伝えようとしていることの舞台を設定するのにも役立ちます。スライドの最初のセットは2枚のスライドにもなる場合がありますが、プレゼンテーションの要点を2枚以下のスライドに収めることができない場合は、プレゼンテーションの焦点を絞るか、一定期間に複数のプレゼンテーションを行うことを検討してください。

4

目的を明確に述べ、その重要性について簡単に話し合います。たとえば、目的の1つが特定の行動方針をとらなければならないことを聴衆に納得させることである場合は、どのようにしてそれに到達したかを簡単に説明して、この結論を明確に述べてください。

たとえば、「このプレゼンテーションでは、マーケティング部門と生産技術を改善できる領域を示すことで、私の戦略が利益損失の懸念に対処していることを示すつもりです」は、明確で目標指向の開始点を表しています。視聴者が期待できるコンテンツの種類、つまりマーケティングと制作の不足している領域をほのめかしながら、目的を詳しく説明します。

5

データや事実をフロントローディングすることは避けてください。目的が自分自身で語るようにします。コンテンツの目的は、視聴者がデータに表示されているものを「見る」のに役立ち、あなたの主張を納得させるような方法で、プレゼンテーションとデータを組み立てる必要があります。

たとえば、「新しいマーケティング部門がある地域の売上高は、要因A、B、Cのために過去3四半期で3%減少しましたが、生産率もX、Y、Zによる倉庫リソースの管理ミスのために非常に非効率的です。したがって、これらの要因がどのようにつながったかを説明します...」これは目的を説明するための有益な方法のように見えますが、口頭でのプレゼンテーションの場合は簡潔にすることをお勧めします。

6

プレゼンテーションの冒頭で説明した目的ごとにスライドを使用します。特定の目的について話し合うのに少し時間がかかる場合は、2つ以上のスライドが機能するはずです。スライドに無関係な情報を詰め込みすぎないように注意してください。スライドは単にスピーチの概要を説明するか、裏付けとなる資料を提供します。あなたのスピーチはあなたの主張を理解する上で重労働をするべきです。