Outlook WebAccessで下書きを保存する方法

Outlook Web Accessを使用すると、インターネットに接続されている任意のコンピューターまたはデバイスのインターネットブラウザーからOutlook電子メールメールボックスにアクセスできるため、外出先でビジネスの電子メールを処理するのに便利です。Outlook Web Accessで電子メールを作成しているときに、完了する時間がない場合や、電子メールを保存して送信する前に検討したい場合があります。この場合、メールを下書きフォルダに簡単に保存して、完了して送信するか、気が変わった場合は削除するまで保存できます。

1

Outlook Web Accessの受信トレイにある[新しいメッセージ]ボタンをクリックして、通常どおりに電子メールを作成します。

2

メールの作成ページの左上隅にある[保存]ボタンをクリックして、メールを下書きに保存します。

3

Outlook Web Access受信ボックスの左側のサイドバーにある[下書き]オプションをクリックして、下書きにアクセスします。現在使用しているドラフトのリストでドラフトを見つけ、クリックして開きます。いつものようにメールの作成を続けて送信するか、上の[削除]ボタンをクリックして下書きを削除してください。