プロモーションポリシーと手順

人事方針と手順は、職場環境内での従業員の管理方法を改善するように設計されています。それらは、監督者と管理者が合理的な決定を下し、一貫した行動を取ることを可能にするフレームワークを提供します。より具体的には、プロモーションポリシーと手順は、企業のポリシーフレームワークの一部を形成し、主に組織内の全体的なプロモーションガイドラインを提供するために制定されています。

目的

昇進方針の最終的な目的は、ランクと職種に関連する賃金調整を明確にすることです。昇進方針は、専門の従業員が組織の目標を達成するためにスキルと能力を適用および開発できるように、適切な職場環境と適切なリソースを提供および維持することにより、キャリアの成長を促進するように設計されています。そのような方針を強調する指針となる原則は、会社の従業員の昇進に関して公平性、一貫性、均一性を確保するよう努めなければなりません。ポリシーはまた、従業員がキャリアの利益と目的を達成する資格のあるポジションに応募することを奨励することにより、従業員の士気を高め、維持する必要があります。

手順

職場の昇進は、新しい求人、または会社の既存のポジションの上方再分類から生じる可能性があります。従業員の昇進の適格性を判断する際に考慮すべき要素には、パフォーマンスレベル、スキル、教育、関連する経験、および専門能力開発が含まれます。

従業員の評価

ほとんどの企業では、業績評価システムは、従業員の一般的な評価や昇進に利用されています。社内の従業員が関与する場合、彼は次に高いランクで職務を遂行する現在の能力を実証する必要があります。一部の企業では、関係する職種によっては、採用担当者が数か月間、新しいポジションでの従業員の業績能力を評価するように義務付けられている場合があります。

誰が適していますか?

候補者は、プロ意識、過去の業績、追加の責任を引き受ける意欲など、さまざまな要因に基づいて評価されます。昇進の可能性を高めるために、候補者は新しいポジションでの責任を果たす能力を戦略的に示す情報を提出する必要があります。役職または職種の基本的な資格を満たし、特定のランクおよび役職に関連する他のすべての要件も満たしている候補者は、昇進の対象となります。プロモーションポリシーは、プロモーションレビュープロセスに関する紛争や懸念から生じる個人的な苦情に対処するための基本的なガイドラインも提供します。