なぜ長期従業員が重要なのですか?

優秀な従業員を見つけることは、どのビジネスにとっても困難です。たとえあなたが良い労働者を見つけることができたとしても、彼らを維持することは別の挑戦です。離職率が高いということは、労働者の不満を示唆しており、会社への反映が不十分です。逆に、長期従業員は従業員の満足を意味する傾向があります。中小企業の所有者として、長期的な従業員を持つことは多くの理由で重要です。

確かな知識ベース

会社に長年在籍している従業員は、会社の文化とその製品およびサービスについてかなりの知識を持っています。彼らは職場内で多くの変化を経験し、その結果、何が機能し、何が機能しないかを理解しています。日々の業務遂行において、強力な知識ベースを構築し、ミスが少なく生産性が向上します。たとえば、製造会社の長期労働者は、製造手順や製造技術をよく理解しており、最終的には売上高の増加につながります。

かけがえのないサポートシステム

あなたが新しい従業員を雇うたびに、あなたは彼を訓練しなければなりません。長期の従業員はすでにこのプロセスを経ており、新入社員にとって非常に貴重なサポートシステムになる可能性があります。たとえば、新入社員が苦労しているのと同じ経理や事務の問題は、長期の従業員がすぐに解決できるため、全員の時間をより多く解放できます。新入社員が職務にストレスや圧倒された場合、長期社員はやがてコツをつかむことを安心させることができます。

安定性を示します

長期社員は、会社に長年在籍することで、安定した職場環境を反映し、士気を高めています。従業員が退職または解雇されるたびに、適切な代替品を見つける必要があるため、作業環境が混乱します。さらに、仕事が少ない経済では、長期雇用者は安全な職場環境を示しています。離職率が高いと、既存の従業員は次の従業員になるかどうか疑問に思うようになるため、不確実性が生じる可能性があります。

費用対効果

従業員の離職には会社のお金がかかります。費用は会社によって異なりますが、通常、退職金、解雇処理に関連する管理タスク、退職金または別居手当、失業補償などの別居費が含まれます。交代費用には、新規求人の宣伝、応募者の選考、面接の実施、採用に関連する管理業務が含まれます。従業員を維持することにより、これらのコストは問題になりません。

保持戦略

長期の従業員は会社に忠実ですが、あなたは彼らをそのように保つために働く必要があります。競争力のある健康保険と退職金制度のパッケージを提供することにより、彼らをやる気にさせます。可能であれば、新人を雇うのではなく、社内から昇進させてください。個人、病気、休暇などの有給の福利厚生時間、および年次昇給とボーナスを提供します。無料の軽食やベーグルなどの小さな特典を毎週提供して、寛大さを示しましょう。従業員が退職する場合は、まだそこにいる従業員に「滞在面接」を行って理由を調べてください。この情報を使用して、従業員の定着技術を強化します。従業員が仕事関連の問題で経営陣に安心してアプローチできるように、オープンドアポリシーを設定します。すべての従業員を公平かつ敬意を持って扱います。