会計ワークシートを作成する手順

中小企業を経営している場合は、財務諸表を作成する前に会計ワークシートを作成することで、財務諸表に表示されるすべての勘定科目が正確であることを確認できます。ワークシートは、会社の元の試算表、試算表の調整、調整された試算表、損益計算書、貸借対照表、および利益剰余金の明細書を列形式でリストするセクションで構成されています。ワークシートの各セクションには、合計がバランスの取れた借方と貸方の列が必要です。

試算表

試算表には、会計年度中に使用されたすべての資産、負債、収益、および費用の勘定がリストされます。借方残高のあるすべての勘定科目は同じ借方列の下にリストされ、すべての貸方残高勘定科目は同じ貸方列の下にリストされます。すべての借方残高の合計は、すべての貸方残高の合計と等しくなければなりません。

試算表の調整

会計年度末に、現在の会計年度の活動を反映する特定の調整仕訳が特定の勘定に転記されます。たとえば、その年の減価償却費は、減価償却費への借方および減価償却累計額への貸方としてこのセクションに含めることができます。調整が必要な各口座残高には、このセクションに記載されている借方または貸方の金額があります。このセクションのすべての借方と貸方の合計も等しくなるはずです。

調整済み試算表

このセクションには、元の試算表のすべての残高と、調整エントリの対象となるアカウントの調整済み残高が含まれます。調整された試算表の借方と貸方を追加し、それらの合計が等しくなるようにする必要があります。

損益計算書

損益計算書セクションには、すべての収益と費用の勘定残高が含まれています。借方と貸方の列が追加されたとき、合計はバランスが取れていないはずです。クレジットの合計がデビットの合計よりも大きい場合、その差は会計年度の純利益に等しくなります。借方と貸方の合計のバランスを取るために、借方の合計に追加されます。借方の合計が高い場合は、純損失が発生しており、この金額は、バランスを取るために貸方の合計に追加されます。

利益剰余金の計算書

利益剰余金計算書は、貸借対照表の所有者の資本セクションの一部である利益剰余金勘定の変更を反映しています。このセクションには通常、貸方の開始残高、会社の所有者に支払われた収益の借方、およびその期間に発生した純利益または発生した純損失の貸方または借方が表示されます。借方と貸方の合計の違いは、最終留保利益残高です。これは、貸借対照表のセクションに貸方金額として含まれ、貸借対照表の目的で借方合計に追加されます。

バランスシート

貸借対照表には、すべての資産、負債、および所有者の資本勘定残高が含まれます。借方と貸方の列の合計は等しく、バランスが取れている必要があります。