ホーム対マイクロソフトライセンス。ビジネス

Microsoft Officeには、家庭用と主に企業向けに設計されたものなど、いくつかの異なるバージョンがあります。さまざまな対象者に対応するために、マイクロソフトはさまざまなライセンスオプションを提供しています。マイクロソフトは、追加のライセンスが必要な顧客により良いサービスを提供するために、OfficeのWebバージョンも提供しています。各ライセンスは、1台のコンピューターまたはデバイスでのみ使用できます。

ホームライセンス

標準のMicrosoftOffice Home and Studentエディションを購入した場合、ライセンスは1つだけです。1台のコンピューターにOfficeをインストールできますが、ライセンスは譲渡可能です。単一のライセンスには、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteが含まれます。追加のライセンスについては、Officeのコピーをさらに購入する必要があります。Microsoft Officeの複数のライセンスコピーは、オンラインベースのOffice365に置き換えられました。

営業許可

マイクロソフトは、企業向けに2つの異なるOfficeバージョンを提供しています。Office Home andBusinessとOfficeProfessionalは、どちらも1つのライセンスしか提供しません。ライセンスは譲渡可能です。ただし、5つ以上のライセンスの購入を計画している企業は、ボリュームライセンスの対象となります。ボリュームライセンスを使用すると、MicrosoftOfficeの同じコピーを複数のマシンに割引価格でインストールできます。

Officeアプリケーション以上のものを必要とする企業は、Office ProfessionalPlusを検討する必要があります。このバージョンのソフトウェアは、企業の音声、情報の権利管理、統合されたインスタントメッセージング、企業や組織向けのより優れたプライバシー管理など、より多くの企業オプションをサポートしています。

Office365ライセンス

Microsoft Office 365は、MicrosoftOfficeのオンラインバージョンです。月額または年額の料金で、最大5台のデバイスでWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、およびAccessにアクセスできます。その他のライセンスについては、追加のサブスクリプションを購入する必要があります。SkyDriveストレージ、Skype議事録、および手動でアップグレードする必要のない最新バージョンのOfficeへのアクセスが含まれています。

ボリュームライセンス

ボリュームライセンスは、主にビジネスを念頭に置いて設計されています。ただし、複数のライセンスが必要なホームユーザーも対象となります。ボリュームライセンスオプションは、OfficeHomeとStudentでは使用できません。ホームユーザーは、4つの基本プログラムに加えてOutlook、Publisher、Office WebAppsを含むOfficeStandardを購入する必要があります。ボリュームライセンスを購入するには、マイクロソフトに連絡する必要があります。

バージョンノート

この記事のライセンス情報は、Microsoft Office 2013に適用されます。条件は、他のバージョンまたは製品によってわずかにまたは大幅に異なる場合があります。