従業員の生産性と効率の計算

ほとんどの中小企業を含む多くの企業にとって、最も重要なコストは人件費です。給与と賃金は、ほとんどの小売および小規模製造会社の主要な品目費用を構成しますが、労働力も生産性の向上に反応する傾向があります。人件費を削減するために、起業家は従業員の効率を測定し、積極的な業績目標を設定して、人件費を最大限に活用することを検討する必要があります。

従業員の生産性の測定

生産性とは、従業員が定義された時間枠で処理する製品またはサービスの単位の量です。ウィジェットを作成する従業員は、1時間あたり20個のウィジェットを作成する場合があります。または、コーヒーショップの従業員は、1時間あたり15人の顧客にサービスを提供する場合があります。単純な生産性は良いことでも悪いことでもありません。サービス業界では、サービスに参加する顧客の数など、従業員が制御できない要因によって異なる場合があります。生産性は、従業員の仕事の成果の基本的な尺度です。

サービス単位の決定

生産性と効率には、定義されたサービス単位(UOS)が必要です。UOS分析は通常、職務に固有であり、反復的な職務を持つ従業員に最も関連性があります。たとえば、スポット溶接工はUOSとして「溶接が完了」または「部品が完了」しているのに対し、ホテルのハウスキーパーはUOSとして「シフトごとに部屋を掃除」している場合があります。一部の仕事、特に出力が変動する専門職は、合理的なUOS測定に反します。

従業員の効率の測定

効率とは、各UOSを実行するために必要な理論上の時間に対する、従業員の実際の実行時間の比率です。たとえば、DVDをパッケージ化する従業員は、1時間に80枚のDVDをまとめることができます。ベストプラクティスの目標が1時間に100枚のDVDである場合(時間調査で測定)、従業員は80%の効果があり、1時間あたりさらに20ユニットを生産する能力があります。

通常、直接作業の実行に実際に費やされた従業員の有給時間の割合を個別に報告すると便利です。たとえば、8.0時間の勤務に対して報酬が支払われているが、会議や昼休みのために6.0時間しか勤務していない従業員は、UOS分析の観点から「生産的」である時間の75%しか費やしていません。作業に費やした6時間だけを、効率スコアに含める必要があります。

ベンチマークとターゲット

一部の業界では、基本的なベンチマークがすでに確立されています。たとえば、電話コールセンターには、一般的なトランザクションにかかる理想的な時間を特定するサービスレベルがあり、業界全体で一貫しています。ただし、ほとんどの企業は、基本的なタスクにかかる時間を自分で設定し、それに応じてパフォーマンス目標を設定する必要があります。ベースライン測定のタスクは、複数のトランザクションにかかる時間を平均するか、平均的な従業員がタスクを実行する時間を評価するタイムスタディを使用して実行する必要があります。

特に、従業員が顧客からの電話や立ち寄りを待つカスタマーサービスの仕事のように、従業員が自分の生産性を制御できない場合は、従業員に100%の効率を要求することは理想的ではない場合があります。従業員が100%に達することができない場合、士気が低下する可能性があります。

効率の縦断的報告

従業員の効率を測定することの本当の利点は、長期的なレポートにあります。一定期間の効率を計算することで、人員を再編成したり、会社の取引量に基づいて従業員を追加または削除したりする機会を特定できます。また、個々の従業員の長期的な生産性は、メリットの増加とボーナスに影響します。効率スコアリングは、予測モデリングにも役立ちます。ウィジェットの作成に90秒かかり、従業員が75%の効率で運用している場合、1時間あたり40個のウィジェットを作成する代わりに、30個のみが作成されます。