粗利益率が企業にとって重要なのはなぜですか?

粗利益率は、売上原価を考慮した後に保持する収益の割合です。この数字は一般的であり、ビジネスの利益を測定する基本的な手段として非常に必要とされています。粗利益の数値を分析して使用する方法は無限です。全体像では、粗利益は単に製品のコストに対してどれだけのお金を稼ぐかを示しているので、潜在的な利益を予測して解釈することができます。

ヒント

売上総利益率は、健全な純利益を達成するための出発点であるため、一般的に重要です。

粗利益率の計算

損益計算書を使用して、粗利益を特定の期間の収益で除算し、100を掛けてパーセンテージを取得します。たとえば、100万ドルの収益に対する400,000ドルの粗利益は、0.4または40パーセントに相当します。売上総利益は、売上がコストをカバーするのに十分であるかどうかを示すため、重要です。

計算自体は非常に簡単です。ただし、頭全体が含まれているわけではありません。純利益は、追加費用を考慮した後の最終的な数値です。従業員の運用コスト、オフィスリース、およびその他の一般的な費用のような諸経費は、最終的にビジネスの総利益を示すこの数値に考慮されます。

売上総利益率は、本質的に、あなたが販売している製品やサービスのマークアップを示しています。

なぜそれが重要なのですか?

売上総利益率は、健全な純利益を達成するための出発点であるため、一般的に重要です。粗利益率が高い場合は、営業利益率と純利益が高くなる可能性があります。新しいビジネスの場合、粗利益率が高いほど、損益分岐点に早く到達し、基本的なビジネス活動から利益を得るようになります。

ただし、これは必ずしも高いマージンが可能であることを意味するわけではありません。価格戦略と競争は、最終的にマージンが消費者の購買習慣にどのように反応するかを推進します。収益を最大化するために売上を犠牲にすることなく、可能な限り高いマージンを獲得したいと考えています。

マージンとキャッシュフロー

粗利益率もキャッシュフローに影響します。企業は通常、製品を製造または取得するために在庫コストに多額の費用をかけます。かなりのマークアップ率または利益で在庫を販売する場合、各ユニットを投資したものよりもはるかに大きな現金に変換します。

また、在庫と売上を利益に変換する能力に自信がある場合は、事業拡大に追加の現金を投資する方が簡単です。粗利益と販売傾向を知ることは、会社のキャッシュフローと再投資戦略を推進するのに役立ちます。

マージンベースの価格戦略

粗利益は、多くの場合、価格戦略によって決定されます。通常、製品の価格設定方法は、競争力のある市場価格設定に基づいています。言い換えれば、あなたは競争と同じような価格を設定し、あなたが売り上げを伸ばすためにあなたの製品を売り込もうとしながら、あなたは標準的なマージンを受け入れるでしょう。

場合によっては、市場よりも低い価格で支払う一方で、より低い粗利益も受け入れます。マージンの減少は、最良の価格を提供するため、売上の増加につながる可能性があります。また、競合他社が価格を引き下げると逆効果になる可能性があり、同様の販売傾向に対して誰もが低いマージンを経験します。

もう1つの戦略は、マージンを最大化するために市場よりも高い価格を設定することです。高価格戦略には、多くの場合、主要なブランディングキャンペーンが伴います。この場合、会社は実際に製品と同じくらいブランドを販売しているので、より高い価格で販売を達成できます。この戦略は一部の市場で機能しますが、低価格で快適に購入できる市場に販売するという初期リスクが伴います。