ビジネスのためのリボンカットの招待状を書く方法

新しいビジネスや場所の開設を公式に発表するためにリボンカットセレモニーを主催することは、宣伝とメディアの注目を集める方法です。注目すべき講演者、娯楽、レセプションなど、イベントに参加者を引き付ける興味深いものがあることを確認してください。少なくとも2週間前に招待状を送信するように計画し、予定日を地元のコミュニティまたは商工会議所のカレンダーと照合して、他の主要な地域のイベントと競合していないことを確認します。

スタイルを選択する

招待状のトーンとスタイルは、イメージとブランディングを確立するのに役立つため、重要です。弁護士、CPA、医師などの専門サービスプロバイダーは正式な言葉を使用する必要がありますが、ピザ屋や子供服店はより気楽な言葉を使用できます。招待状の外観も散文を反映している必要があります。高品質の文房具と、専門家向けのシンプルなロゴ、子供や家族向けのビジネス向けの明るい色とアニメーションデザインを備えています。

基本情報を提供する

招待状には、リボンカットイベントの時間、日付、場所を含めてください。イベントに講演者や紹介が含まれる場合は、式典のスケジュールの概要を説明する簡単な議題を提供します。質問に答えたり、開業に関する詳細情報を提供したりできる、組織内の適切な連絡担当者の名前と電話番号を含めます。

引き分けを強調する

あなたの招待状が人々にリボンカット式に出席する説得力のある理由を与えることを確認してください。たとえば、招待者に、一般の人々の前に新しい施設を見たり、ガイド付きツアーに参加したり、会社の代表者に会う機会があるかどうかを知らせます。注目の講演者がいる場合は、ゲストが誰で、何について話しているのかについての詳細を含めてください。これは、メディアの代表者に招待状を送信する場合に特に重要です。メディアの代表者は、視聴者と読者がリボンカットの詳細を知りたいと思う理由を知りたいと思うでしょう。

出欠確認をリクエストする

軽食を計画している場合や座席を提供している場合は、予想される人数を知るために出欠確認を依頼することをお勧めします。このアプローチでは、参加を計画している人がほとんどいないと思われる場合にも事前に通知され、プロモーション活動を強化するよう促される可能性があります。一般ゲスト用とメディア担当者用の1つのRSVP電話番号または電子メールを含めます。報道関係者が出席に興味を示したら、早めに来て会社のスポークスマンにインタビューし、写真の機会を手配するように招待することができます。また、記者が記事の報道を書くのに役立つメディアキットやビジネスの背景情報を提供することもできます。