給与給与のチップとは何ですか?

よくある誤解は、給与給与のチップはチップを持った従業員だけが利用できるというものです。真実は、業界のいくつかの分野の多くの種類の企業が従業員にチッププログラムを提供しているということです。もう1つの誤解は、ヒントとチップは同じものであるということです。問題の事実は、ヒント(自発的なクライアントの貢献)はあなたの給料に含まれておらず、あなたはそれらをIRSに報告する責任があるということです。チップはあなたの給料に含まれ、あなたの雇用主によって説明されます。場合によっては、チップとチップの間に細い線が存在します。

定義

チップはボーナスに似ています。つまり、会社に代わって提供されるサービスに対して、雇用主が従業員に提供する給与の一部です。多くの企業は、月次、四半期、または年次ベースでチップボーナスプログラムを採用しています。より大きな機会に移行する従業員にも、退職金や退職金としてもチップが提供されます。このような追加所得は、従業員の給与(および最終給与)に含まれ、該当するすべての税額控除は雇用主によって行われます。

手順

所得税法第10条によると、チップを持たない従業員は、単一の企業で5年以上の勤務を終えた後、職場のチッププログラムに参加する資格があります。適格な従業員がほとんどいない中小企業の中には、自己負担でスタッフにチップを提供しているところもあります。複数の適格な候補者を抱える他の大企業は、企業の生命保険会社からグループのチッププランを購入します。このような場合、雇用主は保険会社が決定した年次拠出金を支払う必要があります。従業員は、チップ基金に定期的に寄付することもできます。

ヒントとチップ

IRSは、「チップ」という用語のほとんどの辞書や百科事典の定義とはまったく一致していません。ほとんどのリソースでは、チップを「ヒント」または「宣伝されている料金を超えるサービスの支払い」と定義しています。IRSによると、違いは、チップは労働者に直接提供される支払いであり、雇用主によって処理または課税されることは決してないということです。チップとは、雇用主によって徴収、割り当て、報告、課税された従業員に提供される支払いです。簡単に言えば、チップは従業員が報告しなければならない手元の現金であり、チップは給与に含まれ、雇用主によって会計処理されます。

クレジットカード取引

チップのある従業員がいるサービス産業では、ナイトクラブ、レストラン、スパ、ヘアサロンなど、チップに関するガイドラインは少し注意が必要です。これらの業界の労働者は、通常、クライアントと顧客から時給と任意の現金チップを受け取ります。ヒントを現金で受け取る場合、この収入を報告することは、受け取る従業員の単独の責任です。ただし、クレジットカード取引を通じてチップを受け取った場合、資金は雇用主によって処理および割り当てられるため、そのような金銭はチップと見なされます。