会計で購入した家の仕訳を記録する方法

企業は、会計仕訳の仕訳を使用して、住宅購入などのトランザクションを記録します。仕訳入力は、さまざまな勘定残高を増減します。企業はこれらの残高を使用して、各期間の終わりに財務諸表を生成します。中小企業が住宅を購入した場合は、購入の影響を受けるアカウントを調整するために仕訳を記録します。

住宅購入の記録

中小企業が住宅購入に住宅ローンを使用した場合、仕訳は不動産、住宅ローンの買掛金、および現金勘定に影響します。家のすべての現金を支払った場合、仕訳は不動産勘定と現金勘定に影響します。仕訳入力では、これらの勘定科目に特定の金額を借方記入または貸方記入します。借方と貸方は、アカウントに応じて、アカウントを増減できます。

プロパティアカウント

住宅の総費用を決定するために、手数料などの終値に住宅の購入価格を追加します。会計仕訳の仕訳の最初の行の勘定科目列に「プロパティ」と記入します。合計費用を借方の列に記入します。借方は、資産勘定である資産勘定を増やします。たとえば、家に$ 290,000を支払い、閉鎖費用に$ 10,000を支払ったとします。$ 290,000を$ 10,000に追加して、$ 300,000を取得します。アカウント欄に「物件」とご記入ください。借方の列に「$ 300,000」と記入します。

住宅ローン買掛金

中小企業が住宅ローンを使用して住宅を購入した場合は、仕訳の2行目の勘定科目列に「住宅ローンの支払い」と記入します。クレジット列に住宅ローンの金額を記入します。クレジットは、あなたが借りている残高を示す負債勘定である住宅ローンの支払いを増やします。たとえば、住宅の300,000ドルの費用に対して240,000ドルの住宅ローンを使用したとします。買掛金欄に「住宅ローン」と記入してください。クレジット列に「$ 240,000」と記入します。

現金口座

住宅の総費用から住宅ローンを差し引いて、購入に使用した現金を決定します。すべての現金を支払った場合、使用される現金は家の総費用に等しくなります。仕訳の次の行の勘定科目列に「現金」と記入します。クレジット欄に使用した現金を記入してください。クレジットは、資産勘定である現金を減らします。たとえば、$ 240,000の住宅ローンを使用して$ 300,000の住宅を購入した場合、$ 300,000から$ 240,000を引くと、$ 60,000になります。口座欄に「現金」とご記入ください。クレジット列に「$ 60,000」と記入します。

日付と説明

仕訳の最初の行の日付列に住宅購入の日付を記入します。エントリの最後の行の下の行のアカウント列にトランザクションの説明を書き込みます。たとえば、2月1日に家を購入した場合は、「2月。日付列に1インチ。アカウントの列の説明として、「購入した家を$ 290,000で閉鎖費用$ 10,000で」と記入します。