MicrosoftAccessの在庫生産管理チュートリアル

在庫生産管理には、製品、サプライヤー、在庫レベルと発注書の追跡、製品の再注文、在庫と生産に関連する情報の管理が含まれます。在庫と生産は、規模に関係なく、ほとんどの企業が直面する問題であるため、在庫管理ソフトウェアはすぐに利用できます。Microsoft Officeは、Microsoft Accessの在庫管理テンプレートを提供します。これにより、中小企業はユーザーフレンドリーなダッシュボードを使用して在庫生産を簡単に管理できます。最も頻繁に使用されるレポートはすでにシステムに設定されているため、必要なフィールドをカスタマイズして、テーブルに独自のデータを入力するだけです。

1

MicrosoftAccessの在庫管理テンプレートをダウンロードします。Microsoft Officeの無料テンプレート(「参考文献」を参照)、またはその他の商用または無料のアプリケーションを使用してください。利用可能な在庫管理システムはたくさんあるので、要件に最も近いものを選択してください。

2

ダウンロードしたテンプレートをダブルクリックして、MicrosoftAccessで開きます。または、WindowsデスクトップからAccessアプリケーションを起動し、[ファイル]メニューの[開く]オプションを使用してテンプレートを開きます。

3

会社情報を入力し、対応する表に製品、サプライヤー、従業員、および配送方法の詳細を追加して、テンプレートをカスタマイズします。ダッシュボードにあるセットアップリンクを使用して、このプロセスを簡素化できます。

4

ProductsテーブルとPurchaseOrdersテーブルに、既存の在庫と注文情報を入力します。この情報は、在庫生産管理の開始点として必要になります。将来の在庫レベルと再注文レベルが正確で意味のあるものになるようにするには、この情報が正確である必要があります。

5

付属の発注書作成ウィザードまたはタスクを使用して発注書を生成します。

6

サプライヤが製品を納品したときに受け取った製品の数でProductsテーブルを更新します。在庫管理システムに接続されたフロントエンドシステムがない場合は、出荷製品レベルを監視し、手動で更新する必要もあります。これは、在庫レベルが正しいことを確認するために必要です。

7

レポートを実行して、製品のコスト、トランザクション、在庫レベル、購入、および再注文の情報を確認します。