現金主義会計仕訳を調整する方法

多くの企業は、現金主義会計を使用する単純さを好みます。費用は現金の支払い時に記録され、収益は現金の受領時に記録されます。ただし、一般に公正妥当と認められた会計原則では、外部報告の目的で発生主義に基づく財務諸表が必要です。発生主義会計では、現金の支払いまたは受け取りの時期に関係なく、発生時に費用が記録され、獲得時に収益が記録されます。

前払費用

発生する前に支払われる費用は前払い費用です。例としては、事前に請求される電話やインターネットの料金が含まれます。現金主義の会計士は、請求書が支払われる期間に費用を借方に記入し、現金を貸方に記入します。発生主義会計士は、当期の前払費用資産勘定から借方に記入し、現金を貸方に記入します。費用が発生すると、発生主義会計士は費用を借方に記入し、前払いの費用勘定に貸方記入します。プリペイド費用は、費用が発生しない場合、たとえば会社が電話会社を切り替えた場合に支払われた金額が払い戻されるため、資産と見なされます。

買掛金勘定

現在の期間に発生し、次の期間に支払われる費用は、発生した期間に認識されなければなりません。たとえば、公益事業会社は通常、期末の実際の料金に基づいて顧客に請求します。現金会計士は、請求書が支払われる後の期間まで費用を記録しませんでした。ただし、発生主義会計士は、発生した期間の費用と未払金を借方に記入します。費用が支払われると、発生主義会計士は買掛金を借方に記入し、現金を貸方に記入します。買掛金は負債勘定です。

未稼得収入

獲得する前に受け取った現金は、未稼得収入と見なされます。例としては、それが適用される月の前に受け取られる家賃収入があります。現金会計士は、現金を受け取るとすぐに現金とクレジット収入を借方に記入します。発生主義会計士は、現金を借方に記入し、不労所得を貸方に記入します。収益が得られると、発生主義会計士は未稼得収益とクレジット収益を借方に記入します。未稼得収益は、実際に稼得されなかった場合に顧客に返済する必要があるため、負債勘定です。

売掛金

クレジットで行われた販売(現在の期間に製品またはサービスが顧客に提供された場合)では、現金は受け取られません。現金会計士は、現在の期間には何も記録せず、現金を受け取った期間に現金を借方に記入し、売上を貸方に記入します。発生主義会計士は、現在の期間の売掛金を借方に記入し、販売収益を貸方に記入します。現金を受け取ると、発生主義会計士は現金と売掛金を借方に記入します。売掛金は、すでに受け取った製品またはサービスに対して支払う義務があるため、資産勘定です。