契約終了権

ほとんどの商取引は契約によって実行されます。ただし、当事者を無期限に拘束するための契約は作成または締結されていません。ほとんどの契約には、当事者が契約の終了を求めることを可能にする特定の条項が含まれています。契約終了条項は、さまざまな状況で発生する可能性があります。契約条件は通常、当事者がいつ解雇を求めることができるかを管理しますが、周囲の状況も解雇権を生じさせる可能性があります。

障害または障害なし

契約終了権は、多くの場合、当事者が「原因」(障害)または原因なし(障害なし)で契約を終了できるようにする契約条項に記載されています。多くの場合、原因は当事者によって定義されます。たとえば、一方の当事者の破産は、契約の終了を求める有効な原因である可能性があります。理由のない終了は、通常、希望する終了日の特定の日数前に相手方に書面で通知する必要があるだけです。理由による解雇規定は、ビジネスのパートナー間の合意など、ビジネス取引に不可欠な個人または団体を拘束するのに役立ちます。契約期間が1年未満の契約など、提案された取り決めが比較的一時的なものである場合、サービス業界の契約では障害のない解約規定が一般的です。

トリガーイベント

契約には、終了をもたらすトリガーイベントも含まれる場合があります。一部のトリガーイベントは、イベントが発生した場合に当事者に終了を求めるオプションを提供する場合があります。たとえば、多くの企業は、特定のイベントを処理したり、限られた時間だけ運営したりするために設立されています。一定期間の終了時に、当事者が協力を継続することを選択しない限り、契約は自動的に終了することを明記することができます。たとえば、ワールドシリーズ中にTシャツを販売するために設立された有限責任会社には、ワールドシリーズの終了後に契約の終了をトリガーする条項が含まれている場合があります。

その他の終了権

解雇権は、周囲の状況に由来する他の状況で発生する可能性があります。たとえば、一方の当事者が交渉の終了を実行できないような状況の場合(その実行の必要な要素を取得または見つけることができなくなったため)、不可能の原則が適用される可能性があります。一方の当事者が、違反が発生することを他方の当事者に本質的に示す行為を行った場合、他方の当事者は、契約を終了し、直ちに訴訟を起こすことができます。

契約管理(一般的に)

一般的に、契約の条件は解雇権を管理しますが、これは常に正しいとは限りません。終了権は、特定の取引の状況下で発生する可能性があります。解雇権は、内部の観点(ビジネスパートナー間など)と外部の観点(ビジネス間など)の両方からビジネスに役立ちます。解雇権を行使する前に、当事者は決定を慎重に分析する必要があります。契約を誤って終了すると、当事者が法的責任を問われる可能性があります。