Photoshopで光沢のある額を修正する方法

フォトフラッシュの明るい光は、人間の顔の油性または湿った領域で反射し、ポートレートの被写体から目をそらす光沢のあるスポットを生成します。Adobe Photoshopのツールと機能を使用すると、画像のこれらの欠陥を修復できます。レタッチ作業を洗練するプロセスを簡素化するために、常に元の画像レイヤーの複製または元の画像の上の新しいレイヤーで作業してください。

クローンスタンプ

その名前が示すように、クローンスタンプは、ある画像領域から別の画像領域にピクセルを複製します。「Alt」キーを押しながらソースの場所をクリックすると、定義したソースに表示される視覚情報を使用して、画像の別の部分にペイントできます。ツールを100%未満の不透明度に設定するか、部分的に透明にするレイヤーにペイントすることで、不透明度を下げることで、結果のリアリズムを向上させることができます。オプションバーでツール設定を変更します。レイヤーパネルでレイヤーの不透明度を変更します。このツールには、クローンソースを作成するためにサンプリングするレイヤーと、クローンを開始するたびにソースポイントが元のサンプリング位置に戻るかどうかを制御する追加の設定が含まれています。

治癒用ブラシ

ヒーリングブラシは、サンプルされたソースポイントも使用します。これは、クローンスタンプと共有できるため、新しいソースを定義しなくても、あるツールから別のツールに切り替えることができます。ただし、クローンスタンプとは異なり、修復ブラシは変更されていないソースピクセルを宛先の場所に配置しません。代わりに、目的地のテクスチャ、不透明度、照明に一致し、調整が難しい領域に溶け込むことができる修復を作成します。明るい部分と暗い部分の急激な変化がある部分に使用すると、予期しない結果が生じる可能性があるため、修正する必要のある光沢のあるスポットが黒髪の被写体の生え際や眉毛に近づく場合は注意して適用してください。

パッチツール

パッチツールは、クリックしてサンプルを作成する場所ではなく、選択範囲を使用してソースを定義します。オプションの設定方法に応じて、選択した領域または選択範囲をドラッグした宛先にパッチを適用できます。パッチツールをクリックしてドラッグすると、なげなわツールを使用するのとほぼ同じ方法で選択範囲を作成できます。または、作成した既存の選択範囲を、それを生成するツールやコマンドで再利用できます。選択した領域をドラッグすると、パッチとなるピクセルが表示されます。選択したソース領域にパッチを適用すると、選択範囲自体の内部に表示されます。宛先にパッチを適用する場合は、選択範囲をドラッグした領域の上部に表示されます。パッチツールは新しい空のレイヤーでは機能しないため、元の写真を編集せずに使用するには、背景画像の複製が必要になります。

ブラシツール

被写体の額の小さな光沢のある領域を隠すために、不透明度を下げて小さなブラシサイズを使用して、ブラシツールでそれらをペイントできる場合があります。光沢のある場所に表示される色と一致する近くの色の領域にカーソルを置き、「Alt」キーを押したまま画像をクリックして、ペイントの前景色を設定します。リアルな外観の結果を得るには、不透明度を下げてペイントするか、レタッチ作業を作成するレイヤーの不透明度を下げます。

バージョン情報

この記事の情報は、Adobe PhotoshopCCおよびAdobePhotoshopCS6に適用されます。手順は他のバージョンや製品と異なる場合があります。