損益計算書で製品の売上高とサービス収入を報告する方法

損益計算書は中核的な財務諸表の1つであり、会計期間に記録されたすべての収益と費用の詳細が記載されています。会計期間の純利益または純損失を提示する必要がある場合、これは必要な形式です。正しい売上とサービスの収益は、最終的な収入の計算にとって重要です。会社の販売量に応じて、全額、数千ドル、または数十万ドルでステートメントを作成できます。ステートメント全体を通して一貫性を保つようにしてください。

収益セクション

損益計算書の収益セクションは通常、レポートの最初のセクションであり、提供されたサービスまたは販売された製品から生成された収益を含めることができます。収益は、たとえ売却がアカウントで行われたとしても、売却が行われたときに記録されます。ビジネスに製品の販売やサービスなどの複数の収益ストリームがある場合、それぞれの収益は別々の行に報告されます。

売上収益

販売収益には、実際の製品販売から得られたすべての収益が含まれます。これは、関連する費用または返品を計上する前の期間の総売上高です。これは、収益セクションの最初の行として表示され、アカウントか現金かに関係なく、そのレポート期間のすべての売上を表す必要があります。

サービス収入

顧客にサービスを提供するビジネスの場合、サービス収益は損益計算書で個別に強調表示する必要があります。これは、販売収益ラインのすぐ下に表示され、受信されたかどうかに関係なく、その期間に実際に獲得されたすべてのサービス収益が含まれている必要があります。ほとんどの企業は、サービスが提供されたときにサービス収益を記録します。

追加収入

場合によっては、企業は製品の販売や提供されたサービスの結果ではない他の収益を受け取ります。このような収入には、受け取った利息、オフィススペースの賃貸または他の賃貸物件からの賃貸収入が含まれます。これらの収入源も損益計算書に含まれていますが、売上高とサービスの数値の下にある別の項目にリストする必要があります。