AT&T2Wireルーターをブリッジモードに変更する方法

AT&T 2Wireルーターは、ルーターとモデムの両方として機能します。ルーターをブリッジモードにすると、ルーターの機能を無効にできます。ブリッジモードでは、2Wireデバイスはモデムとしてのみ機能し、すべての着信トラフィックを2Wireルーターの背後にあるデバイスに転送します。たとえば、ブリッジモードを有効にすることで、2Wireの組み込みルーターの代わりに別のルーターを使用できます。2Wireデバイスの背後にあるルーターは外部IPアドレスを取得し、2Wireルーターは干渉しません。

1

Webブラウザのアドレスバーに「Homeportal / management」(引用符なし)と入力し、「Enter」を押して2WireルーターのWebインターフェイスの[管理]ページにアクセスします。

2

2Wireルーターのカスタムパスワードを設定している場合は、それを入力します。ルーターにはパスワードが設定されていません。

3

[管理]ページの[ブロードバンド]の下にある[構成]をクリックします。

4

「PVC検索を無効にする」ボックスにピリオド(「。」)を入力します。

5

「VPI」ボックスの値を「0」に設定し、「VCI」ボックスの値を「35」に設定します。

6

「接続タイプ」を「直接IP」に設定し、「送信」をクリックします。

7

[管理]ページの[サービスの構成]リンクをクリックします。

8

「ルーティングを有効にする」のチェックを外し、「送信」をクリックします。