人材育成の義務

人的資源開発の目的は、従業員が個人および組織の効率と生産性、およびキャリアの成長に必要な能力を開発するためのフレームワークを提供することです。雇用主は、トレーニング、業績管理、組織開発を通じて、従業員のキャリア開発と雇用後の職務スキルの習得に向けたプログラムを考案する責任があります。人材育成は通常、組織の人的資源戦略の一部であり、戦略的なビジネス目標を達成するために人的資本の可能性を最大化することを目的としています。

人材育成と育成

人材育成の機能の中には、生産性と効率を改善するために組織における人間の専門知識の開発を監督することがあります。開発プログラムは、従業員の作業結果の計画と監視を通じて、従業員がより高いレベルでの作業に必要な適切なスキルと資質を確実に習得できるように設計されています。これは労働者をやる気にさせ、彼らのキャリアの成長を高めます。体系的なトレーニングプログラムはまた、組織を独自の立場に置き、人的資源、技術、および事業活動の多様化の増大し変化するニーズに立ち向かいます。

業績評価と管理

業績評価とレビューは、組織の従業員を改善するための重要な機会です。人材育成は、マネージャーが有意義で効果的な評価を実施するために使用する技術を考案する必要があります。通常、これらは、マネージャーが目標の達成を評価し、職務固有の能力や中核企業の価値など、いくつかの定義された指標に対してパフォーマンスを評価するのに役立ちます。効果的な業績評価により、経営陣は従業員の生産性のギャップを特定できます。これは、従業員の育成に向けたプログラムの基盤として機能します。

人材計画と戦略開発

計画は、適切な数と適切な種類の人々を適切な場所に配置することで構成されます。これにより、従業員には、組織が目標を達成するのに適したタスクが割り当てられます。人的資源開発は、現在の人的資源の在庫を分析し、将来の人的資源の予測を行い、パフォーマンスを向上させるために外部からの採用または内部からの昇進が必要かどうかを判断する必要があります。ビジネスの各領域に必要なさまざまなスキルセットと才能を特定することにより、既存および将来の従業員が会社のビジネス全体にどのように適合するかを考慮した人事戦略を策定できます。

従業員の福利厚生と仕事の質

人材育成の究極の目的は、労働者の職業上の幸福、誇り、意欲に貢献することです。従業員の福利厚生とは、従業員の生活水準を向上させ、それによって労働生活の質を向上させる取り組みを指します。目標は、優れたリーダーシップ、面白くてやりがいのある仕事、安全な労働条件、そして優れた賃金を提供することです。従業員のパフォーマンスを向上させるための間接的な報酬プランとして、いくつかのメリットを従業員に拡大できます。さらに、オープンドアポリシーを実装したり、従業員が従業員や会社との関係に影響を与える決定に参加できるようにすることができます。