入居証明書なしで事業所を開くとどうなりますか?

入居証明書は、市、町、その他の地方自治体が発行する、建物や家が居住者にとって安全であることを証明する書類です。企業は通常、一般に公開する前に占有証明書を取得する必要があります。入居証明書なしで事業所を開設した個人は、地元の行政当局によって定められた罰則の対象となる可能性があります。

罰金を設定する

罰金は、開業前に入居証明書を取得しなかった企業によく見られます。各管轄区域は独自の罰金率を設定します。たとえば、テキサス州のサンマルコス市は、居住証明書がない場合、個人に544ドルの罰金を科します。

毎日の罰金

オハイオ州リッチウッドなどの一部の都市では、入居証明書のない施設で事業を営んでいる場合、毎日罰金が科せられます。リッチウッドでは1日あたり150ドルで、これはすぐに加算され、事業主に数千ドルの費用がかかる可能性があります。

刑務所/コミュニティサービス

ニュージャージー州ピットマンを含む多くの都市では、入居証明書を持っていないことは軽罪と見なされています。これにより、都市は、該当する場合、コミュニティサービスと刑務所の時間を使用して個人を罰することができます。個人が刑務所で過ごすことができる時間は、現地の法律に応じて、多くの場合30、60、または90日に制限されています。ほとんどの場合、個人は罰金と入居証明書を取得することで間違いを訂正する機会を受け取ります。コミュニティサービスと刑務所の時間は通常、居住証明書の要件に繰り返し違反する個人のために予約されています。

あなたのビジネスの売却

あなたがあなたのビジネスを収容する不動産を所有しているなら、あなたはあなたのビジネスを売る時が来たときに買い手を見つけるのに苦労するかもしれません。多くの金融会社は、入居証明書のない建物や家のローンを承認しません。その時点でこれを取得すると、先に進む準備ができたときに追加のお金と時間がかかる可能性があります。