ビジネス関係における誤った干渉の定義

不法な干渉とは、契約関係への意図的な干渉を表す法的用語です。不法な干渉の定義には、ビジネス関係における不法な干渉が含まれます。コモンローの不法行為と契約の原則に基づいて、裁判所は、個人または事業主に、彼らのビジネス関係を不法に妨害する誰かによって引き起こされた経済的損害を補償するために損害賠償を命じることができます。州法は、当事者が不法な干渉の主張を首尾よく主張するために必要な特定の原則に関して異なります。

曲がりくねった干渉

不法な干渉は、誰かがあなたのビジネス関係を不当に妨害したときに発生します。あなたが中小企業の経営者である場合、あなたはあなたのビジネス関係を不法にまたは不法に妨害したとして他の当事者を訴えることができます。たとえば、競合他社が従業員に連絡し、会社を辞めて彼のために働くように説得したり、顧客にあなたとの契約違反を説得したりした場合、あなたは彼を不法な干渉で訴えることができます。

経済的危害

ビジネス関係への不法な干渉の文脈では、通常、他の会社のビジネス干渉については、経済的損害を被っていなかったことを証明する必要があります。経済的危害には、利益の損失が含まれます。あなたが契約交渉に関与し、契約に署名することが差し迫っていた場合、他の契約当事者にあなたとのすべてのビジネス関係を断ち切るように説得した場合、あなたは不法な干渉について他の会社を訴えることができます。これは、サードパーティが見込み客により良い価格またはより速いサービスを提供する場合に発生する可能性があります。

雇用関係

雇用関係の文脈では、随意雇用の原則により、不法な干渉に対して損害賠償を与えるよう裁判所を説得することが困難になる場合があります。言い換えれば、経済成長と雇用の自由を促進するために、多くの州は雇用の文脈で不法な干渉の主張を認識しないかもしれません。

ダメージ

裁判所は、不法な干渉を証明した契約当事者に損害賠償を与えることができます。あなたが実際に受けた危害の量を証明することができれば、彼らは実際のまたは補償的な損害賠償を与えるかもしれません。裁判所は、予想損害または逸失利益の金額を裁定するか、ビジネスチャンスを放棄し、不法な干渉が発生しなかった場合に予想利益を与えることができます。精神的苦痛を証明できる場合は、懲罰的損害賠償を受けることもあります。裁判所は、敗訴した当事者に顧客または従業員への連絡をこれ以上試みないように命じることにより、差止命令を命じたり、公平な救済を与えることができます。