運用プロジェクトの種類

運用管理は、製品、プロセス、サービス、およびサプライチェーンの設計と管理に関係する職業分野です。運用プロジェクトは大きく異なります。それらは、戦略的レベルから戦術的および運用レベルにまで及びます。適切に管理された運用プロジェクトは、競争上の優位性を確立し、機会を活用するため、企業、特に中小企業の成功に不可欠です。

場所の選択

運用プロジェクトの1つのタイプは、中小企業の場所を選択することです。これはいくつかの要因に依存します。事業の種類によって、顧客が来店するのか、来店するのか、従業員がいるのか、製品を製造・流通するのかが決まります。ビジネスが来店する顧客に依存している場合、その場所は、道路や公共交通機関で簡単にアクセスできる人気のある小売スポットの近くにある必要があります。顧客が物理的にアクセスできる必要がない場合は、在宅ビジネスの方が経済的です。製造業は、工業団地や主要な輸送港の近くにいることを望むかもしれません。従業員を必要とする企業は、労働力を供給できる地域に配置する必要があります。

サプライチェーンの確立と監督

別のタイプの運用プロジェクトは、サプライチェーンの確立です。経営陣は、原材料の購入から完成品の顧客への供給まで、サプライチェーン全体の統合を調整する必要があります。管理者は、原材料を企業に出荷する方法と、完成品を最も費用効果の高い方法で顧客に配布する方法を決定する必要があります。このプロジェクトには、収益を増やし、所要時間を短縮するための戦略を特定することが含まれます。また、現在の操作の監査と分析も含まれます。

生産のスケジューリングと制御

生産レベルと在庫レベルの継続的な監視は、もう1つの必要な運用プロジェクトです。中小製造業は、原材料を完成品に変えるのにかかる時間を短縮する必要があります。これには、組み立て時間の短縮とプロセスの合理化による無駄の排除が含まれます。製造は、顧客の需要のタイミングと量に密接に関連しています。生産サイクルが短いほど、コストが削減され、顧客満足度が向上します。経営陣はまた、改善の領域を特定するために生産および在庫管理の監査を実行する必要があります。

在庫管理

在庫管理プロジェクトは、手持ちの消耗品、材料、製品を計画、保管、移動、および会計処理します。在庫の可用性はカスタマーサービスの最も重要な側面の1つであり、在庫コストは中小企業の貸借対照表で最も重要なエントリの1つです。在庫切れを回避することと余剰を運ぶことの間で適切なバランスをとることは、達成するのが難しい場合があります。持ち運びが多すぎるとリソースが無駄になり、持ち運びが少なすぎると注文を処理できず、顧客満足度を確保できないリスクが生じます。