職場での人員不足の問題

人員配置のニーズを予測することは、戦略的計画の要素です。スタッフのレベルは、中小企業の多くの側面に影響を与えます。従業員が多すぎると、間接費が増加し、ビジネスの収益性に直接影響します。従業員が少なすぎると、現在の顧客にサービスを提供してビジネスを成長させる能力が制限されます。人員不足は経営陣にとって理にかなっているかもしれませんが、長期的には悪影響を及ぼします。

給与コスト

スタッフを削減すると、給与と福利厚生のコストがすぐに削減されます。ただし、スタッフのレベルが低すぎる場合は、臨時スタッフを割増料金で採用すると、給与が上がる可能性があります。現在、残業しなければならない従業員が少なくなると、追加のフルタイムスタッフを雇うよりも費用がかかる可能性があります。正社員が臨時スタッフのトレーニングやエラーの修正に費やす時間は、生産性を低下させます。臨時労働者の交代は、費用のかかる雇用と訓練のプロセスを繰り返します。

品質

顧客にサービスを提供し、生産ラインを運営するために利用できる従業員が少なくなると、製品とサービスの両方の品質が低下します。大量の作業を処理するために必要な従業員が少なくなり、品質よりも割り当てが強調されるとエラーが増加します。従業員は、作業負荷を軽減するために、トレーニングを急いで行ったり、トレーニングなしで作業を開始したりする場合があります。時間の経過とともに品質が低下すると、企業の評判が低下し、顧客を遠ざけてしまいます。

従業員のストレス

スタッフを減らすと、既存の従業員がより多くの作業を担当するようになり、作業負荷が増えると、作業を完了してパフォーマンスの期待に応えるためのストレスが増えます。ストレスの増加は、士気と従業員の仕事の満足度を低下させ、従業員の精神的および肉体的健康に悪影響を及ぼし、仕事から離れるのに必要な時間を増やす可能性があります。圧倒された労働者が同じ賃金率で増加する仕事量に追いつくのではなく、仕事を辞めると、離職率も増加します。

失われたビジネス

人員不足のビジネスは、顧客のニーズを満たす能力が不足しているため、成長の機会を逃しています。ビジネスが新しいクライアントや製品を引き受け、商品やサービスを提供できない場合、ビジネスを失い、業界での評判を損なう可能性があります。ビジネスの喪失とは、収益の喪失と新しい市場への成長を意味します。企業は、従業員のコストと、その従業員の組織への貢献によって生み出された収益額を比較検討する必要があります。年間30,000ドルで別の従業員を追加することは、多くのオーバーヘッドのように思えるかもしれませんが、その費用は、ビジネス能力の向上の価値によって上回る可能性があります。