事業組織における利益または損失の影響は何ですか?

ほとんどの企業の主な目標は、利益を上げることです。多くの場合、ビジネス環境で利益を生み出すことは、組織が消費者が望む商品やサービスをリーズナブルな価格で提供していることを示しています。強力な顧客と市場の他の企業に対する競争上の優位性を開発するには、利益を生み出す望ましい商品やサービスを生産しようとするため、経営陣の側で多くの時間と労力が必要になる場合があります。これらの機能を完了できないビジネス組織は、業務からお金を失い、経済的損失の結果に対処する可能性に直面する可能性があります。

ヒント

利益を生み出す企業のプラスの効果は、企業が事業を拡大し成長させる能力です。事業利益により、企業は所有者、管理者、および従業員の生活を向上させることができます。事業運営による損失は、利益とは逆の効果があります。消費者需要の低下や景気循環の悪化により市場シェアの低下に直面している企業は、運用生産量の削減を余儀なくされる可能性があります。一貫した事業損失により、会社は破産する可能性があります。

利益は成長を可能にする

事業利益を生み出す企業のプラスの効果は、企業が事業を拡大し成長させる能力です。企業は多くの場合、現在の事業から得た一定額の利益を新しいビジネスチャンスに再投資したり、現在の事業を拡大して事業の生産量を増やしたりします。これらの機会は通常、企業がビジネス環境での市場シェアを拡大​​し、事業の拡大からさらなる利益を生み出すことができるようにするために利用されます。企業はまた、先進国または新興国の潜在的な利益機会を活用するために、海外の経済市場に参入することを選択する場合があります。

利益は従業員の生計を改善します

多くの場合、事業利益により、企業は所有者、管理者、および従業員の生活を向上させることができます。これには、報酬レベルの引き上げ、パフォーマンスボーナスまたは追加の休暇時間の提供が含まれる場合があります。これらの報酬はまた、従業員との前向きな信用を生み出す可能性があります。

従業員は、会社の利益を増やすために、もっと一生懸命働き、効率を上げることをいとわないかもしれません。この共生関係により、企業は事業運営からより多くの利益を生み出し、業績に基づいてこれらの利益の一部を従業員に支払うことができます。

損失は​​操作を減らします

事業運営による損失は、利益とは逆の効果があります。消費者需要の低下や景気循環の悪化により市場シェアの低下に直面している企業は、運用生産量の削減を余儀なくされる可能性があります。この削減には、従業員の解雇、設備または資産の売却、業績の悪い事業施設の閉鎖が含まれる場合があります。企業は、事業損失の一貫性と、最初の削減方法によって運用上の損失の影響が軽減されたかどうかに応じて、追加の対策を講じる必要がある場合があります。

損失は​​破産につながる

一貫した事業損失により、会社は破産する可能性があります。多くの企業は、事業を競合他社に売却したり、事業を継続するために追加の資金を確保したりすることで破産を回避しようとしていますが、破産が最終的な選択肢となる可能性があります。中小企業の業績が悪い場合、会社の組織によっては、事業主が個人破産を宣言する必要がある場合があります。

会社の規模や事業運営に関連するその他の側面によっては、事業の破産は長く困難なプロセスになる可能性があります。破産を宣言することはまた、ビジネス環境の他の企業に影響を与える経済波紋を生み出す可能性があります。