UbuntuでSMBまたはNFS共有をマウントする方法

SMB(Server Message Block)は、LinuxまたはUnixコンピューターとWindowsコンピューターの間でファイル、プリンター、およびシリアルポートへのアクセスを共有するために使用されるネットワークプロトコルです。NFS(Network File System)は、ネットワークを介してファイルを共有するために使用されるプロトコルです。Ubuntu Linuxオペレーティングシステムは、SMBプロトコルとNFSプロトコルの両方をサポートしています。Linuxのmountコマンドは、Ubuntuコンピューター上のディレクトリを共有にリンクするために使用されます。マウントされると、mountコマンドで指定されたディレクトリから共有にアクセスできます。

SMB

1

デスクトップを右クリックし、[ターミナルで開く]オプションをクリックして、コマンドプロンプトにアクセスします。

2

次のコマンドを入力して、Sambaファイルシステムパッケージをインストールします。

sudo apt-get install smbfs

3

次のコマンドを入力して、Samba共有をマウントします。

mount -t smbfs -o username = win_name、password = win_pass // share_point / mount_point

「win_name」をWindowsユーザー名に置き換えます。「win_pass」をWindowsパスワードに置き換えます。「share_point」をSamba共有ディレクトリに置き換えます。「mount_point」をUbuntuマシンのマウントポイントに置き換えます。

4

次のコマンドを入力して、マウントされたSamba共有に移動します。

cd / mount_point

「mount_point」をUbuntuコンピューターのマウントポイントのディレクトリ名に置き換えます。

NFS

1

デスクトップを右クリックし、[ターミナルで開く]オプションをクリックして、コマンドプロンプトにアクセスします。

2

次のコマンドを入力して、NFSクライアントパッケージをインストールします。

sudo apt-get install nfs-common

3

次のコマンドを入力して、特定のIPアドレスのマウントポイントを表示します。

showmount -e 192.168.2.0

「192.168.2.0」をNFS共有を含むサーバーのIPアドレスに置き換えます。

4

次のコマンドを入力して、共有ディレクトリをマウントします。

sudo mount -o soft、intr、rsize = 8192、wsize = 8192 192.168.2.0:/ NFS_share / mount_point

「192.168.2.0」をNFSサーバーのIPアドレスに置き換えます。「NFS_share」をNFSサーバーのディレクトリ名に置き換えます。「mount_point」をUbuntuコンピューターのマウントポイントの名前に置き換えます。

5

次のコマンドを入力して、NFSディレクトリに移動します。

cd / mount_point

「mount_point」をUbuntuコンピューターのマウントポイントのディレクトリ名に置き換えます。