HPウェブカメラのトラブルシューティング方法

ビデオ会議は、ビジネスがクライアントと通信するための効果的な方法です。HPラップトップにWebカメラが組み込まれている場合は、追加の機器を購入することなく、Skypeや同様のアプリケーションを実行できます。アプリケーションからの指示を受信したり、要求されたタスク(ビデオフィードの出力など)を実行したりするために、カメラはデバイスドライバーと呼ばれるプログラムとインターフェイスします。ただし、デバイスドライバーに欠陥がある場合は、Webカメラを使用しようとすると問題が発生します。カメラが画像を生成できない場合、または画像が歪んでいる場合は、デバイスのトラブルシューティングを行って、問題がハードウェアまたはソフトウェアに関連しているかどうかを判断します。

ドライバを再インストールします

1

HPサポートにアクセスします(「参考文献」のリンクを参照)。「ドライバとソフトウェア」をクリックします。

2

HPコンピューターに関連付けられている製品名と番号を検索ボックスに入力します。「検索」をクリックします。

3

プロンプトが表示されたら、ドロップダウンメニューからオペレーティングシステムを選択します。「次へ」をクリックします。

4

[ドライバー-キーボード、マウス、入力デバイス]、[HPWebカメラドライバー]の順にクリックします。

5

「ダウンロード」をクリックして、ファイルをデスクトップに保存します。「Windows-R」を押して、ダイアログボックスに「devmgmt.msc」と入力します。

6

「OK」をクリックしてデバイスマネージャを実行します。「イメージングデバイス」をダブルクリックします。そのようなオプションが利用できない場合は、ステップ8に進みます。

7

Webカメラデバイスを右クリックし、[アンインストール]を選択します。関連するドライバーを削除した後、コンピューターを再起動します。

8

デスクトップに保存されているWebカメラドライバーをダブルクリックします。画面の指示に従って、デバイスを再インストールします。

9

セットアップが完了したらHPラップトップを再起動し、Webカメラをテストします。

テスト設定

1

「Windows-D」を押してデスクトップに移動します。「Magic-i3」をダブルクリックします。「一般設定」を選択します。

2

「自動拡張」の選択を解除します。上部のスライダーを左または右にドラッグして、明るさを増減します。

3

下のスライダーを左または右にドラッグして、画像が固定されるまでコントラストを増減します。「OK」をクリックします。

アップデートのダウンロード

1

HPWebサイトからHPSupport Assistantをダウンロードします(「参考文献」のリンクを参照)。ダウンロードが完了したら実行可能ファイルを実行して、ソフトウェアをコンピューターにインストールします。

2

画面の指示に従ってセットアップを完了します。インストールが完了したら、デスクトップまたはスタートメニューからアプリケーションを起動します。

3

[維持]、[更新]の順にクリックします。[すべての更新をインストールするために選択]をクリックしてから、[適用]をクリックします。