ビジネスにおける倫理規定の重要な要素は何ですか?

一般に行動規範とも呼ばれるビジネス倫理規定は、会社の法的および道徳的性格の両方を確立するために決定する一連の規則です。会社の倫理規定を作成するときは、会社を正常に定義して運営するために重要な、法律、コンプライアンス、および価値に基づくコンポーネントの両方を確認してください。

法的な問題を検討する

すべての従業員が法律に従わなければならないことを明確に表現することは、言う必要のないことだと思うかもしれません。します。一部の業界または特定の職業には法的要件がありますが、あらゆる事業のすべての従業員は州法および連邦法に従わなければなりません。銀行員はマネーロンダリングのスクリーニングを受けます。配達ドライバーは、過度のスピード違反の切符または飲酒運転(DUI)の影響下での運転のチケットについて、定期的な運転免許証の審査の対象となります。

これらの法律違反の一部は、従業員が職務を適切に遂行する能力に影響を与えるために、勤務時間中に発生する必要はありません。倫理規定で従業員が従わなければならないすべての法律を述べる必要はありませんが、配達ドライバーの飲酒運転など、即時の懲戒処分の根拠となる特定の規則違反のシナリオがある場合は、従業員に知らせる必要があります。 。それを超えて、すべての従業員が法律を尊重し、合法的に職務を遂行することが期待されていることを述べます。

コンプライアンスと規制

コンプライアンスと規制は、一部の業界が従わなければならない法的要件のもう1つの側面です。そうしないと、罰金、罰則、および会社、そのリーダー、および従業員に対する潜在的な法的措置が規則に違反することになります。高度に規制されている業界には、金融サービス業界、銀行、不動産、ヘルスケア、シニアケアプロバイダーが含まれます。

たとえば、住宅ローン業界には、広告、開示、プライバシーに関するコンプライアンス規制があります。住宅ローンの代表者が貸付真実法に従って金利を宣伝していない場合、重大な影響が生じる可能性があります。あなたの会社の倫理規定は、すべての業界コンプライアンスおよび規制規則に従わなければならないことを明確に述べている必要があります。

価値ベースのコンポーネント

倫理規定の価値に基づく要素は、広範囲に及ぶ可能性があります。倫理規定には通常、従業員が信頼でき、敬意を払い、責任を持ち、公正で、思いやりがあり、善良な市民であると期待する6つの普遍的な道徳的価値観が含まれています。また、多様性を祝う、職場でのグリーン基準の使用、ドレスコードなどの値を含めることもできます。倫理規定の一部として、会社の成功の全体的な使命とビジョンにとって重要なものをすべて含めてください。

倫理規定への違反

事業主が倫理規定の構成要素について話し合うときは、それを違反した場合の一連の行動にも対処する必要があります。誰かが飲酒運転をすることができないと言うだけでは十分ではありません。プロセスとは何か、およびアクションから生じる可能性のある懲戒処分の可能性を述べる必要があります。懲戒処分は、違反に対して公正かつ正当なものでなければなりません。つまり、クライアントの家に会社のシャツを着ていない場合と同じように盗むことは扱わないということです。