スクリーントーンとハーフトーンに関するPhotoshopチュートリアル

本質的に同じスクリーントーンとハーフトーンは、ビットマップまたは白黒の画像のグレーの色合いをシミュレートするために使用されます。また、これらを使用して、白黒コミックで使用される定型化された陰影などの特殊効果を作成することもできます。画像編集プログラムであるPhotoshopでは、ビットマップ変換プロセス中に画像にハーフトーンを適用できます。

1

[ファイル]メニューをクリックして[開く]を選択し、ハーフトーンに変換するPhotoshopPSDファイルを開きます。これにより、[開く]ダイアログボックスが表示されます。ファイルに移動して選択し、[開く]をクリックします。

2

「画像」メニューをクリックし、「モード」を選択してから、「グレースケール」を選択します。Photoshopは、画像の色情報を破棄するかどうかを尋ねるダイアログボックスを表示します。

3

「破棄」をクリックすると、Photoshopが画像をグレースケールに変換します。

4

「画像」メニューをクリックし、「モード」を選択して、「ビットマップ」を選択します。これにより、[ビットマップ]ダイアログボックスが開きます。

5

[使用]ドロップダウンメニューをクリックして、[ハーフトーン画面]を選択します。

6

「OK」をクリックします。これにより、[ハーフトーン画面]ダイアログボックスが開きます。ここから、1インチあたりのライン数で測定されるハーフトーンパターンの周波数を変更できます。たとえば、1インチあたり60行の頻度のハーフトーンには、60行のドット、またはハーフトーンを作成するために選択した任意の形状が含まれます。[ハーフトーン画面]ダイアログボックスには、円形(ドット)、ダイヤモンド、楕円、線、正方形、十字など、いくつかの形状オプションがあります。これらはそれぞれ、異なる外観のハーフトーンパターンを作成します。通常、ドットを使用してグレーの色合いをシミュレートし、その他を使用して特殊効果を作成します。

7

[頻度]フィールドに目的の頻度を入力します。

8

[形状]ドロップダウンメニューをクリックして、目的の形状を選択します。

9

「OK」をクリックします。