サプライチェーンマネジメントシステムについて

サプライチェーン管理システムは、顧客への商品やサービスの流れにおけるすべてのリンク間の統合されたパートナーシップです。これらは、リーン生産方式と専門化によって企業が価値ある生産活動を相互に依存することを余儀なくされる世界で、品質の向上、コストの削減、および競争上の優位性の実現を目的として作成されています。計画、調達、生産、配送、返品の提供を含むすべてのサプライチェーン活動は、共有リソースを最大限に活用するために、統合されたサプライチェーン内で共同で処理されます。

歴史

従来のサプライチェーンシステムでは、大企業は、生産と物流管理を最大化するために、サプライヤーの機能と流通活動を垂直統合することが有益であると考えていました。しかし、多くの現代の企業は、生産の1つ以上の機能を実行するアウトソーシングされたサービスとサプライヤーに大きく依存しています。原材料の調達や流通などの重要なサプライチェーン活動を第三者に依存することは、品質保証、タイムリーな配送、責任あるビジネス慣行の順守に関連する懸念を引き起こします。これらの問題の解決策として、サプライチェーンマネジメントが導入されました。サプライチェーンに沿った企業が、チームワークと透明性のある環境で調達、生産、流通の分野で協力するために協力して努力するとき、関係するすべての企業は、より大きな競争上の優位性を経験することができます。

流通ネットワーク

流通ロジスティクスは、サプライチェーン管理の決定において大きな役割を果たします。誰が業務を管理し、商品の出荷、受け取り、保管の方法に関する決定は、正確な需要予測に基づいて行う必要があります。配送スキームは、使用する輸送モードと同様に、サプライチェーンのすべてのメンバーが合意する必要があります。運送業者管理の問題も解決する必要があります。たとえば、専用の輸送会社をサプライチェーンに導入したり、輸送の責任をサプライヤ間で分割したりできます。

情報と在庫

情報の共有は、統合されたサプライチェーンの成功に不可欠です。コストと供給レベルの変化に関連する情報は、サプライチェーンに沿ったすべての停車地での現在の在庫レベルに関連する情報と同じようにアクセス可能でなければなりません。無線周波数識別技術の導入により、特定の製品について必要なデータを保存および受信できるようになりました。これには、製品がどこにあるか、どこに行くか、スケジュールどおりかどうか、有効期限などが含まれます。

コンポーネント

適切に計画されたサプライチェーン管理システムは、戦略的コンポーネント、戦術的コンポーネント、運用コンポーネントの3つのコンポーネントに分けることができます。

戦略的要素には、倉庫の数、サイズ、場所、およびサプライチェーンパートナーの選択に関連する決定が含まれます。製品管理と共同マーケティング戦略もこのレベルで検討されます。技術インフラストラクチャの設計と実装は戦略的コンポーネントの大部分であり、すべてのメンバー企業が協力して実行する必要があります。

戦術的要素には、戦略的イニシアチブの実行が含まれます。パートナーシップ契約の詳細は、このレベルで決定されます。在庫の質、量、場所に関連する決定を下し、サプライチェーンの有効性と経済的実行可能性を判断するためのベンチマークを作成する必要があります。

運用活動は、サプライチェーンが円滑かつ効率的に実行され続けることを保証する日常の機能です。出荷および受領活動、ならびに発注書および需要予測は、運用コンポーネントの一部です。

環境への責任

現代のサプライチェーンマネージャーにとっての新たな課題は、社会的および環境的責任に関する国際基準を維持することです。グローバルなサプライチェーンの場合、1つの企業が二酸化炭素排出量を最小限に抑え、労働者を公平に扱うだけではもはや十分ではありません。企業は、チェーンに沿った各サプライヤーと各サプライヤーを順番に調査して、国際的な責任基準が尊重されていることを確認する必要があります。