PCで話している自分を録音する方法

Windowsには、内部または外部マイクを介してスピーチを録音するために使用できる基本的なサウンドレコーダーツールが含まれています。このアプリケーションは、オーディオクリップをWindows Media Audio(WMA)形式で保存し、Windows MediaPlayerや他の多くのプログラムと互換性があります。サウンドレコーダーは、インタビュー、ボイスメモ、会議に適していますが、録音の品質は、コンピューターに接続されているマイクの品質に大きく依存します。Sound Recorderが提供するよりも多くの機能と効果が必要な場合は、いくつかの便利なフリーウェアユーティリティも利用できます。

1

外部マイクを使用している場合は、コンピューターのマイクポートに接続します。または、ラップトップまたはデスクトップPCに組み込まれている内蔵マイクを利用することもできます。

2

画面の右からスワイプするか(タッチスクリーンを使用している場合)、マウスをディスプレイの右上隅に移動して[検索]を選択します。検索語として「オーディオの管理」と入力し、下の[設定]オプションを選択して、左側の[オーディオデバイスの管理]ショートカットを選択します。

3

[録音]タブを開き、使用するマイクを選択して、[デフォルトに設定]を選択します。(マイクがすでにデフォルトの入力デバイスである場合、このオプションはグレー表示されます。)

4

「プロパティ」を選択してマイクを設定します。[レベル]タブを開いて、マイクが適切な音量に設定されていることを確認します(ここでは試行錯誤が必要になる場合があります)。[OK]と[OK]をもう一度選択して、2つのダイアログボックスを閉じます。

5

もう一度検索チャームを開き、「アプリ」オプションを選択して「サウンドレコーダー」と入力します。「サウンドレコーダー」ショートカットを選択して、プログラムを起動します。

6

[録音を開始]をクリックまたはタップして、オーディオの録音を開始します。経過時間と現在の音量レベルは、サウンドレコーダーインターフェイス内に表示されます。「録音停止」を押して録音を終了します。

7

録音を保存するフォルダに移動し、適切なファイル名を選択し、[保存]を選択してファイルをディスクに保存します。または、[キャンセル]、[録音の再開]の順に選択して、既存のクリップにオーディオを追加します。