WindowsXPでDHCPを有効にする方法

動的ホスト構成プロトコル(DHCP)は、DHCPサーバー(モデムやルーターなどのDHCPサーバーの役割を持つ任意のデバイス)が使用可能なプールからコンピューターやプリンターにインターネットプロトコル(IP)アドレスを割り当てることができるようにすることで、ネットワークを簡素化します。 、およびその他のネットワークデバイス。DHCPを使用しない場合は、ネットワーク上の各デバイスに静的IPアドレスを手動で割り当てる必要があります。DHCPは、ネットワークアダプタでデフォルトで有効になっています。設定を静的に変更した場合は、ネットワークアダプター設定画面に再度移動してDHCPを再度有効にする必要があります。

1

コンピューターのAd​​ministratorsセキュリティグループのアカウントを使用してWindowsにログインします。

2

「開始」、「実行」の順にクリックします。

3

ボックスに引用符なしで「Ncpa.cpl」と入力し、「Enter」を押します。

4

DHCPを有効にするネットワークアダプタを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

5

「インターネットプロトコル(TCP / IP)」をクリックし、「プロパティ」ボタンをクリックします。

6

「IPアドレスを自動的に取得する」をクリックします。

7

「OK」をクリックします。