DLNAとワイヤレス対応とは何ですか?

DLNA(Digital Living Network Alliance)は、会社のワイヤレスインターネット接続に接続し、デバイス間でコンテンツを共有できるコンピューター、モバイル、および家庭用電化製品のセットです。コンテンツ共有には、会議室のDVDプレーヤーでアクセスできるオフィスのコンピューターからの写真、トレーニングルームの高解像度テレビで再生されるインターネットセットトップボックスでのストリーミングメディアブロードキャスト、およびその他のファイル共有が含まれます。DLNA認定のデバイスはワイヤレス対応です。つまり、デバイスにはすでにワイヤレスアダプターが組み込まれており、コンテンツを受信およびブロードキャストする機能が含まれています。

デバイス

DLNA認定デバイスには、HDTV、Windowsコンピューター、Blu-rayプレーヤー、MP3プレーヤー、スマートフォン、ワイヤレスプリンター、タブレットコンピューター、ゲームシステム、デジタルカムコーダー、ルーター、ホームメディアサーバーが含まれます。DLNA認定を受けたデバイスには、デバイスのオーナーズマニュアルにDLNAステッカーとアライアンスに関する情報が記載されています。DLNA認定のホームメディアサーバーは、DLNA以外のデバイスに接続し、そのデバイスのコンテンツを共有することができます。サーバーは、会社のワイヤレスインターネットネットワーク全体でWindows、Mac、またはLinuxシステムのコンテンツを共有するのに理想的です。

コンテンツとネットワーク接続

DLNAデバイスは、ビジネスプレゼンテーション、ビデオ、写真、音楽、インターネットや会社のイントラネットからのストリーミングメディアファイルなど、さまざまなコンテンツを共有できます。DLNA認定デバイスは、MP3、JPEG、MPEG1、MPEG2、DIVX、MPEG4AVCのファイル形式をサポートしています。コンテンツの共有は802.11gワイヤレスネットワークを介して行われ、DLNA認定の各デバイスはコンテンツを受信およびブロードキャストできます。ワイヤレス接続の代わりにイーサネット接続を使用して会社のネットワークにアクセスするDLNAデバイスとコンテンツを共有することもできます。

メディアマネージャー

DLNA認定の各デバイスには、デバイス上の共有コンテンツを管理するためにWindowsシステムにインストールされる、CD-ROM形式およびダウンロードで利用可能なメディアマネージャーアプリケーションが含まれています。メディアマネージャーを使用すると、コンピューター上のどのフォルダーを共有してDLNA認定デバイスで利用できるようにするかを選択できます。DLNAの初期設定が完了すると、DLNAデバイスのリモコン(提供されている場合)を使用して、コンピューターから再生するファイルにアクセスできます。

ブランドの問題

DLNAコンテンツの共有とアクセスはさまざまなブランドで機能し、WindowsシステムがMacシステムと通信したり、Samsungテレビと通信したりできるようにします。この提携により、ブランドの互換性に関する問題が解消され、デバイスがファイルを適切に処理および再生するためにファイルを他の形式に変換する必要がなくなります。