プロフェッショナリズムのためのドレスコードの重要性

男性が帽子とポケットチーフの付いたシャープなスーツを着ており、女性が完璧にフィットしたスカートとドレスにホースと背の高いブロックされたヒールを着ている職場の古い写真を見てきました。また、ドレスコードに関する限り、誰でも自由に利用できるように見える最新のテクノロジーワークスペースの写真を見たこともあります。最良の選択は真ん中のどこかにあります。プロフェッショナリズムのためのドレスコードの重要性は、適切な服装の選択肢と同じくらい多面的です。

職場の結束を生み出す

ドレスコードに関する雇用主の基準は、視覚的結束の基準を作成します。これにより、従業員はグループの一員であると感じることができ、すべての人が1つの目的に向かって取り組んでいるという感覚を得ることができます。ある人がビーチでの料理のように服を着て、別の人がスーツを着てネクタイをしていると、少し厄介になることも事実です。

確かに、従業員には衣服を通して自分を表現する権利がありますが、同じように職場もそうです。職場は自分のビジネスをどのように表現したいかを表現する権利を留保します。意図的であろうとなかろうと、私たちの服装はメッセージを送ります。彼らの外見によって伝えられるメッセージが彼らが会社の一部であるということを確実にするのは従業員次第です。

会社の目標とビジョンを反映する

従業員は職場の代表者です。会社の目標とビジョンは、採用を選択する人に反映されます。プロの服装の基準は業界によって異なるため、独自のルールを選択するのは各場所次第です。誰かが正面からのやり取りがほとんどないオフィスで働いている場合でも、原則として、誰もがいつでもクライアントがドアを通り抜けることができるかのように服を着るべきです。

誰に会うのか、それが商取引に影響を与えるのか、あなたは本当に知りません。人々の印象は当然ビジュアルに基づいているので、どのように服を着るかはあなたのポジティブまたはネガティブな記憶になり、それがあなたの会社とのその意味合いを生み出します。

基準が大きく異なることを考えると、どのように服を着るのか知っていますか?あなたの会社の人事部門に尋ねるか、従業員ハンドブックを参照することは始まりです。「あなたが持っている仕事ではなく、あなたが望む仕事のための服装」という古い規則もあります。それを除けば、どの業界でも適切なプロのドレスコードのガイドラインは何ですか?

プロフェッショナリズムのために服を着る方法

快適さ:きつすぎる、緩すぎる、体型に合わないなど、体に合わない服を着ることは常に避けてください。あなたが不快であるならば、それはあなたの仕事日を本当にひどいものにするでしょう。あなたの外側と内側に合うものを見つけてください。

謙虚:疑わしいときは隠蔽する。膝下の閉じたつま先の靴、スカート、ドレス、ショートパンツ、手首の袖、露出した肩はすべて経験則です。たとえそれが厳粛に見えたとしても、それは本当に注意の側で誤りを犯すために報われます。基本的に、ビーチでの休暇に着用する場合は、オフィスでは着用しないでください。

髪、メイク、アクセサリー:これは少しトリッキーになります。紫色のモヒカン刈りをしていても気にしない会社もありますが、顔のピアスは気にします。あなたの会社の既存の従業員がどのように服を着ているかに注意して、そして確かめるために周りに尋ねてください。

プロフェッショナリズムのためのドレスコードの重要性は誇張することはできません。個人的な表現は、会社の規則の注意とバランスを取る必要があります。真の専門家であるということは、あなたの分野でのスキルを尊重するのと同じくらい、職場の服装のルールを尊重することです。