企業目標の例

企業の目標を設定することは、ビジネスを成長させるための重要な部分です。ほとんどの中小企業の所有者は、事業計画を作成する際の目標設定プロセスに精通していますが、成長のための継続的な目標を設定していない可能性があります。企業目標のいくつかの例は、あなた自身のビジネスのインスピレーションに使用できます。

収益性の向上

すべての企業は、事業を継続したいのであれば、収益性の向上に努めるべきです。新しい市場の開拓、顧客に提供する新製品の発見、利益率の向上、不要なコストの削減など、企業は現在と将来の両方で収益性を高める方法を見つける必要があります。たとえば、靴会社は中価格帯の靴の強固な顧客基盤を構築しています。この会社は、より低価格の靴の新しいメーカーを見つけるか、より高い価格で新しい靴のラインをリリースすることで、収益性を高めることができます。

市場シェアの拡大

あなたの現在の市場シェアに満足していることは、最終的にあなたの会社を殺すための素晴らしい方法です。重要な企業目標の1つは、市場シェアを拡大​​することです。すでに35〜55人の人口統計を固定している場合は、より若い群衆に到達し始めるという目標を設定できます。これらの目標には、この特定の若い人口統計に到達する方法を含める必要があります。一例は、若いバイヤーを引き付けるためのソーシャルメディアとネットワーキングの使用によるものです。

現在の製品ラインの拡大

何年も変わらずに同じ製品を提供することは、市場の停滞を生み出します。大幅な拡大は決して推奨されませんが、新しい製品やサービスをテストして市場がどうなるかを確認することは、成長のための優れた戦略であり、優れた企業目標です。たとえば、靴会社に戻ります。この会社はカジュアルシューズを製造しています。製品ラインを拡大するために、同社はまだ快適なハイヒールの靴の生産を開始することができます。これは製品ラインを拡大するだけでなく、市場の可能性も拡大します。

従業員の定着率の向上

ほとんどの企業目標は、拡大と収益性に焦点を合わせています。ただし、企業目標を設定する際には、インフラストラクチャにも注意を払う必要があります。現在の従業員の定着率が低い場合、これは生産性が低下していることを意味し、そのため、会社の目標が達成されない可能性があります。従業員の定着率を改善すると、新入社員のトレーニングに費やす金額と時間が削減され、その結果、収益性が向上します。この企業目標の例は、現在の定着率が60%の企業が、来年まで現在の従業員の80%を維持するために取り組むことです。この目標を達成するために、より高い賃金やより良い福利厚生などの変更が必要な場合は、これらの項目を目標に含める必要があります。