需要予測とは何ですか?

商品やサービスの市場での食欲がわからない場合、将来の販売と成功を計画することは困難です。顧客が将来何を購入したいかを予測する完璧な方法はありませんが、何を期待できるかを定量化できるアイデアを提供できる需要推定方法がいくつかあります。これらの需要予測方法は、実装方法がわずかに異なりますが、予想される売上を考慮してマーケティング戦略を計画するのに役立ちます。需要予測手法を使用すると、生産する商品の数と提供するサービスの数を測定できます。また、拡張が可能かどうかを判断することもできます。

需要推定の要素

経営経済学における需要予測とは、将来、消費者が製品やサービスに関連してどのように行動するかを予測することです。多くの場合、見積もりは、価格の変化、競合他社の価格の増減方法の変化、消費者の購買に影響を与える不況などの経済的要因など、さまざまな変数に基づいています。これらの変数を適用することにより、特定の要因に応じて、顧客の要求がどのように良くなるか、または悪くなるかを分析できます。その結果、需要が安定している、あるいは増加しているために価格を上げることができると判断したり、状況が良くない可能性があるために生産を中止しなければならないと判断したりする場合があります。経営経済学における需要予測は、ビジネスの短期的および長期的なコースを決定するための重要な方法です。

需要予測の方法

経営経済学における需要予測にはいくつかの方法があり、将来、顧客の需要レベルに何が起こるかを明確に把握するのに役立ちます。需要予測の一般的な手順の1つは、調査を実施することです。これには、フォーカスグループや顧客への直接インタビューが含まれることがよくあります。調査は、ターゲット市場から情報を入手していて、彼らの恐れ、希望、および将来の計画を教えてくれるので便利です。ただし、この方法にはいくつかの欠点があります。これは、顧客が将来何をするかを教えてくれる可能性があり、状況によって購入計画がすぐに変わる可能性があるためです。また、調査を行う際に真に代表的なサンプルを入手することも困難です。

需要推定のもう1つの一般的な手順は、製品やサービスの需要などの従属変数を価格などの独立変数と比較する回帰分析です。回帰分析は、特定の独立変数に基づいて将来の消費者需要の包括的な全体像を作成するために統計に大きく依存しています。基本的な回帰分析モデルは、従属変数と1つの独立変数の間の比較のみを行います。より複雑な回帰分析モデルでは、従属変数と複数の独立変数を比較します。

需要見積もりの​​考慮事項

使用する需要見積もりの​​手順に関係なく、このプロセスが価格設定と生産に関して役立つことを理解することが重要です。あなたが新製品を提供したり、新しいビジネスを始めたりするとき、あなたはあなたの製品の価格設定の仕方がわからないかもしれません。製品またはサービスの需要がどうなるかがわかれば、その製品またはサービスに請求できるおおよその金額がわかります。これにより、製品やサービスの価格を高く設定しないようにすることができます。需要予測は、生産にも役立ちます。たとえば、市場での需要が50,000ユニットになると予測される場合、過剰生産することなく、その需要を説明するのに十分な商品を生産できます。これらの見積もりは、製品またはサービスの需要がどうなるかについての知識に基づいた推測にすぎないことも忘れないでください。あなたのビジネスの需要の見積もりには常にエラーの余地を残してください。そうしないと、いくつかの驚きが生じる可能性があります。