視聴覚メディアが強力なツールおよびコミュニケーション手段と見なされるのはなぜですか?

メッセージやアイデアを伝えようとするときは、通常、紙や電子メールを介して行うよりも、対面で行う方が簡単で効果的です。これは、書面または音声によるコミュニケーションだけでも、メッセージを混乱させたり、誤解を招いたりする可能性のある特定の制限があるためです。視聴覚コミュニケーションは、書面によるコミュニケーションの従来の障壁を打ち破り、聴衆がメッセージを簡単に理解できるようにします。その結果、ビジネス、教育、および個人的なアプリケーションでのディスカッションとコラボレーションが向上します。

明快さ

コミュニケーションのための視聴覚メディアの主な利点の1つは明快さです。あなたが電子メールを送るか手紙を書くとき、あなたは手紙で使われる口調と気分のタイプを知っています、しかしそれは受信者に異なって出くわすかもしれません。視聴覚入力により、両当事者は顔の表情やジェスチャーを観察し、声のトーンや抑揚を聞き、音声と視覚の両方の手がかりを使用して互いの意味と位置を明確にすることができます。

速度

ちょうど100年前、書面または口コミによるコミュニケーションには、数週間から数か月かかることがよくありました。それに比べて、今日のコミュニケーションは、テレビ電話、ウェブカメラ、対面会議などの視聴覚メディアを使用して、即座に行われます。

保持

オーディオとビジュアルの合図を組み合わせると、メッセージの保持力が高まります。米国労働省によると、口頭でのみ提示された場合、情報のわずか10%が保持され、視覚のみで提示された場合、情報の35%のみが保持されます。しかし、オーディオツールとビジュアルツールを組み合わせてメッセージやアイデアを提示すると、その情報の65%が保持されます。プレゼンテーションソフトウェアとビデオ会議は、従来のアプローチよりも効率的に情報を受信して​​処理するため、会議や講義で効果的なツールになります。

メディア

ビデオ、視覚補助、サウンドクリップをプレゼンテーションに追加することで、マルチメディアエクスペリエンスを作成できます。これにより、mp3からビデオ映像、静止画像のスライドショー、オンラインソーシャルメディアまで、さまざまなメディアを使用して、コミュニケーションをより魅力的にすることができます。