ExcelでVBAを実行する方法

ExcelなどのいくつかのMicrosoftOffice製品の一部として提供されるVisualBasic for Applicationsでプログラムを作成する場合、Excel自体からそれらのプログラムを呼び出す方法がすぐにはわからない場合があります。Excelの設計方法では、VBAで作成する各プログラムは、実際にはExcelのマクロです。プログラムにアクセスするには、[マクロ]メニューを表示してそこからプログラムを実行するか、Excelのツールバーのボタンにマクロを割り当てる必要があります。

マクロを実行する

1

VBAコードを保持しているExcel2010スプレッドシートを開きます。画面上部の「開発者」タブをクリックします。「開発者」タブが表示されない場合は、代わりに「ファイル」をクリックし、表示されるメニューから「オプション」を選択してください。ウィンドウ左側のリストから「カスタマイズリボン」をクリックし、ウィンドウ右側の「開発者」の横にある空のボックスをクリックします。「OK」をクリックすると、「開発者」タブが表示されます。

2

リボンの「コード」領域内にある、リボンの左側にある「マクロ」ボタンをクリックします。「マクロ」というラベルの付いた小さなウィンドウが表示されます。

3

実行したいExcelマクロをクリックし、「実行」ボタンをクリックします。マクロをホットキーに割り当てる場合は、[オプション]ボタンをクリックします。「Ctrl +」ボックスに希望の文字を入力し、「OK」をクリックします。これからは、「Ctrl」キーを押しながらこの文字を入力するだけで、VBAプログラムを実行できます。

ツールバーボタンを作成する

1

VBAプログラムを保持しているExcel2010スプレッドシートを開きます。「ファイル」タブをクリックし、「オプション」を選択します。

2

ウィンドウ左側のリストから「クイックアクセスツールバー」を選択します。Excelの[オプション]ウィンドウに2つの大きな列が表示されます。

3

左側の列の上部にあるドロップダウン矢印をクリックします。表示されるリストから「マクロ」を選択します。現在のすべてのマクロがリストに表示されます。このリストからVBAマクロをクリックし、2つの列の間にある[追加]ボタンをクリックします。

4

右の列の下にある[変更]ボタンをクリックすると、アイコンの小さなリストが表示されます。このマクロに割り当てるアイコンをクリックし、「OK」をクリックします。

5

Excelオプションウィンドウの下部にある[OK]をクリックしてウィンドウを閉じ、変更を保存します。Excelウィンドウの最上部に小さなボタンが表示されます。VBAマクロを実行するときはいつでも、このボタンをクリックしてください。