ロゴと商号を一緒に商標登録する必要がありますか?

中小企業は、商号やロゴなどの知的財産を保護する必要があります。これらのアイテムは、ブランドの認知度と忠実な顧客基盤を生み出すことにより、ビジネスを競合他社と区別します。ナイキがスウッシュで、マクドナルドがアーチであるように、時間の経過とともに、顧客はあなたのロゴをあなたの会社に関連付けます。一般的に、商号、ロゴ、スローガン、デザインの商標登録は個別に申請する必要があります。

別々に保つ

ロゴと会社名を分けておくと、どちらのプロパティも単独で使用できます。商標保護は、米国特許商標庁に提出された商標登録にのみ適用されます。商号とロゴを一緒に連邦商標登録するには、連邦法の下で法的保護を受けるために、常にそれらを一緒に使用する必要があります。広告やマーケティング戦略などの多くの状況では、いずれかの要素を使用する必要があります。業務を簡素化するために、それらを分離してください。

ロゴの変更

まれに、会社名を変更したい場合があります。ただし、ロゴのブランドを変更して、名前を新製品に関連付けることもできます。ロゴをオーバーホールした場合、名前とロゴを一緒に登録するには、商号の新規登録が必要になります。重複登録は、商標登録中に問題を引き起こし、ブランド変更キャンペーンを遅らせる可能性があります。

費用

名前とロゴを一緒に登録するときに得られる唯一の真のメリットは、コストの削減です。各商標登録の費用は約300ドルです。両方の要素を別々に登録することで、最大600ドルになります。あなたはアイテムを一緒に登録することで短期的にお金を節約します。長期的には、製品のブランドを変更したり、商号を変更したりすると、より多くの費用がかかります。後で後悔しないように、今より多くを費やしてください。

考慮事項

両方の要素を一緒に登録すると、知的財産が脆弱な位置に置かれます。両方のアイテムが連邦保護のために一緒に登録されているため、競合他社は利益のために会社名またはロゴを別々に使用する可能性があります。商標登録に記載されている場合を除き、アイテムの法的保護は受けられません。これにより、競合他社に対して損害賠償を請求することができなくなります。知的財産をUSPTOに適切に登録しないと、連邦裁判所で侵害者を訴えることはできません。