マーケティングセグメンテーションの利点

米国だけで数億人の購買者の規模とニーズの違いにより、1つの企業がすべての人にサービスを提供することは困難です。マーケットセグメンテーションは、ビジネスが提供するサービスや製品とうまく調和する購入者の特定のサブセットを定義することを目的としています。多くの場合、企業は人口統計を分析して市場セグメンテーションを実行しますが、サイコグラフィック要因、地理的な違い、さらには行動の違いでさえ、実行可能な市場セグメントを示している可能性があります。

コストを削減するためのマーケットセグメンテーションとターゲティングの重要性

消費者の可能な限り広い断面を捉えようとするマスマーケティングの古いスタンバイは、さまざまな結果を生み出し、莫大なコストをかけます。対照的に、市場細分化は、顧客の分野を制限し、企業がその市場セグメントの消費者に直接連絡する特定の通信チャネルに財源を向けることを可能にします。平均的な消費者は精密機械加工装置を使用しないため、精密機械加工ツールを製造する会社は、一般的な関心のある雑誌に広告を掲載するマーケティングにお金を浪費するでしょう。機械工や機械工場を対象とした雑誌は、マスマーケティングに比べてはるかに少ない投資であり、会社の希望する顧客ベースに直接語りかけます。

製品開発を改善します

特定の市場セグメントに焦点を当てることで、企業は既存の製品やサービスをそれらの顧客の特定のニーズを満たすように調整することができます。セグメンテーションにより、企業はターゲット市場の正確なニーズに対応する将来の製品やサービスを設計することもできます。たとえば、専門家向けのスパでは、働く専門家がしばしば直面する厳しいスケジュールに対応するために、夜の営業時間を延長する場合があります。市場セグメントの消費者は、フォーカスグループや調査を通じて、提案された製品に情報を提供し、製品が彼らに価値を提供するかどうかを企業が判断するのに役立てることもできます。

新しい市場に参入する

マーケットセグメンテーションは、ビジネスがサービスの行き届いていない市場を特定するのに役立ちます。これは、ビジネスが市場で最初の地位を確立する絶好の機会を提供します。市場に最初に商品やサービスを提供する企業は、競合他社が入居した場合でも、圧倒的な市場シェアを支配する傾向があります。たとえば、以前は配達できなかった地域に配達サービスを提供するピザ店は、その地域の住民のための頼りになるピザ配達場所。

ビジネスフォーカスの改善

市場細分化の主な利点の1つは、あまりにも多くの市場にサービスを提供しようとしたり、あまりにも多くの製品を提供しようとするとビジネスブランドが希薄になるため、ビジネスに集中することを奨励することです。レストランがハンバーガーやテイクアウトの中華料理から高級イタリア料理に至るまでの料理を提供しようとすると、単一の市場を獲得できず、差別化する能力を失います。狭く定義された市場に対応するということは、企業がそれらの顧客に合うように提供物を狭く定義しなければならないことを意味します。高級イタリア料理のみを食事の顧客に提供するレストランは、ビジネスがコアコンピタンスを向上させながら、特定の製品と経験を求める市場セグメントを引き付けます。